本文へジャンプ

イノベーション推進事業

基本情報

技術分野 プロジェクトコード P07026
担当部署
  • 技術開発推進部(TEL:044-520-5173)

事業・プロジェクト概要

事業期間:平成19年度~、平成25年度予算:3億円

本プロジェクト関連情報

 「新成長戦略」(平成22年6月18日閣議決定)において、「強い経済」の実現に向けて、日本の成長分野である「グリーン・イノベーション」、「ライフ・イノベーション」を戦略的に推進することにより、新たな需要を創造するとともに、成長を支えるプラットフォームとして科学・技術が位置づけられ、イノベーションにより産業のフロンティアを開拓していくとの方針が示されています。
 このため本事業では、民間企業や大学等の有する先端技術シーズや有望な未利用技術を活用した実用化開発を支援することにより、日本の技術の強みを生かした世界最先端のイノベーション創出を図るとともに、成長の源となる新たな技術および産業のフロンティアを開拓し、もって「課題解決型国家」の構築に資することを目的とします。

1.研究開発テーマの要件

(1)産業技術実用化開発助成事業、研究開発型ベンチャー技術開発助成事業、次世代戦略技術実用化開発助成事業
 新成長戦略等において示された研究開発の重点分野等に該当する以下の分野が対象となります。

  • 〔1〕 グリーン・イノベーションの推進
  • 〔2〕 ライフ・イノベーションの推進
  • 〔3〕 日本が直面する重要課題への対応
    • 豊かで質の高い国民生活の実現
    • 日本の産業競争力の強化
    • 地球規模の問題解決への貢献 等
 ただし、ヒトクローンや研究開発等に伴う治験行為等の経済産業省所管以外の技術開発および原子力に関する技術開発を除きます。

(2)課題解決型実用化開発助成事業
 新成長戦略等において示されたグリーン・イノベーションおよびライフ・イノベーションの推進、産業競争力強化等の日本が直面する重要課題に対応する戦略的なイノベーション分野の中から早期の実用化や大きな波及効果等が期待される技術課題が対象となります。平成23年度は次の5つの「課題」について公募いたします。
  • 〔1〕 機能性ナノ粒子の大量合成法の開発
  • 〔2〕 化学原料製造を革新する高性能ナノ触媒プロセスの開発
  • 〔3〕 がん等の重篤な疾患治療用バイオ医薬品の臨床応用に向けた製造関連技術の開発
  • 〔4〕 社会参加支援福祉用具の開発
  • 〔5〕 生活支援福祉用具の開発

2.事業の要件

 研究開発終了後3年以内(次世代戦略型は5年)で実用化可能な新規性のある技術開発を実施する民間企業・技術研究組合等を支援します。
 ◇産業技術実用化開発助成事業
  資本金300億円未満の民間企業等が実施する実用化開発を支援します。
 ◇研究開発型ベンチャー技術開発助成事業
  設立10年以内等の要件を満たすベンチャー企業等が実施する実用化開発を支援します。
 ◇次世代戦略技術実用化開発助成事業
  次世代に向けた技術のブレークスルーを目指す民間企業等が実施する実用化開発を支援します。
 ◇課題解決型実用化開発助成事業
 上記(2).〔1〕~〔5〕の課題を速やかに解決しうる革新的な技術に基づく実用化開発を行う民間企業(複数申請も可)から広くテーマを公募し、研究開発終了後3年以内で実用化可能な優れた提案に対し支援します。

3.公募事業概要

  • 公募事業概要図

※詳細は公募要領をご確認下さい。

4.採択事例

磁気ヘッド製造装置磁気ヘッド製造装置

超高密度HDD用磁気ヘッドの量産技術の実用化開発

事業者:キヤノンアネルバ株式会社
平成21年度 第2回採択 イノベーション推進事業
(産業技術実用化開発助成事業)

詳細資料

Adobe Readerを入手する


最終更新日:平成25年8月19日