本文へジャンプ

先端機能発現型新構造繊維部材基盤技術の開発

基本情報

技術分野 プロジェクトコード P06030

事業・プロジェクト概要

事業期間:平成18年度~平成22年度、予算総額:38.35億円
PL:谷岡 明彦(東京工業大学大学院 理工学研究科 教授)
 
  本プロジェクトでは、ナノメートルオーダーの成形加工や界面加工、複合化によって革新的な繊維状材料の創出を目指します。本プロジェクトの共通基盤技術として、(1)電界紡糸法による繊維高機能化・大型装置化技術の開発、(2)ナノ溶融分散紡糸法による炭素超極細繊維製造技術の開発を行い、高分子材料、無機材料、炭素材料の超極細繊維の製造技術を開発します。製造に必要な基礎的データの集積や、開発した繊維状材料の物性、構造、安全性の評価を進め、このような共通基盤技術をもとに、(1)高性能、高機能電池用部材、(2)高性能、高機能フィルター用部材、(3)高性能、高機能医療衛生・産業用部材の開発および実用化を実施し、我が国の産業競争力強化を図ります。
 
■ナノ構造繊維の革新的合成技術と先端機能材料の創出

短期的アウトカム概要(6年間の追跡調査により把握した状況)

■追跡対象企業のPJ終了後6年目のステージ状況

対象企業数:12社

  • 上市:0
  • 製品化:2
  • 研究・開発を継続中:7
  • 中止・中断:3

最終更新日:平成29年3月31日