本文へジャンプ

省水型・環境調和型水循環プロジェクト

基本情報

技術分野 プロジェクトコード P09011
担当部署
  • 環境部(TEL:044-520-5251)

事業・プロジェクト概要

事業期間:平成21年度~平成25年度、平成25年度予算:2.1億円
PL:松尾 友矩(東洋大学 常勤理事)

 世界の淡水資源は、地域偏在性が極めて高く絶対量も限られています。このため、人口増加・経済成長・地球温暖化・都市化・水環境の汚染等による世界的な水需給の逼迫及び水問題の顕在化が懸念されています。
 本プロジェクトでは、我が国が強みを持つ膜技術を始めとする水処理技術を強化するとともに、こうした技術を活用して、省水型・環境調和型の水循環システムを構築して、水循環システムにおける省エネ、産業競争力の強化に資することを目的とします。

水循環要素技術研究開発

 我が国が強みを持つ水処理技術をより高度化するため、省エネルギーかつ環境負荷低減に貢献する環境調和型水処理技術を開発します。
  1. 革新的膜分離技術の開発(24年度終了)
  2. 省エネ型膜分離活性汚泥法(MBR)技術の開発(一部24年度終了)
  3. 有用金属・有害物質の分離・回収技術の開発
  4. 高効率難分解性物質分解技術の開発

詳細資料

Adobe Readerを入手する


最終更新日:平成25年5月10日