本文へジャンプ

NEDO国際エネルギー実証事業 相談窓口

NEDOは、我が国企業が強みを有するエネルギー技術・システムの海外展開を促進していく観点から、エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業 (国際エネルギー実証事業)を実施しています。

NEDOでは、事業内容をお知りになりたい方、構想段階のアイディアについてご相談されたい方などのために相談窓口を開設しております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

1. エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業について

  • (1) 目的

    我が国が強みを有するエネルギー技術・システムを対象に、相手国政府・公的機関等との協力の下、海外の環境下にて技術・システムの有効性を実証し、民間企業による技術・システムの普及につなげます。これにより、海外でのエネルギー消費の抑制を通じた我が国のエネルギー安全保障の確保に資するとともに、温室効果ガスの排出削減を通じた地球温暖化問題の解決や我が国の経済成長にも貢献します。

  • (2) 対象技術分野

    省エネルギー技術(産業省エネ、民生省エネ、省エネ型水循環処理等)、再生可能エネルギー技術(太陽光・太陽熱、陸上・洋上風力、バイオマス、地熱、水力、海洋、廃棄物エネルギー利用等)、燃料電池・水素利用、これら複数技術を組み合わせたシステム等(スマートコミュニティ技術等)を対象とします。

  • (3) 実施形態

    本事業は、原則助成事業として実施することとし、二国間協力において国の関与が求められる場合は委託事業として実施します。

    助成事業の実施に当たり、NEDOは大企業については必要経費の1/2、中小企業については必要経費の2/3を助成します。

    なお、委託事業については、以下のクライテリアを踏まえ実施することとし、NEDOは必要経費の内、主たる費用(例えば機械装置等費)のみを委託費の対象とします。

<委託事業に係るクライテリア>

相手国政府又は政府関係機関(地方政府を含む。)から日本国政府又はNEDOが事業主体となることが明示的に要求されているプロジェクトであり、かつ、実証実施段階において、以下に掲げるいずれかの理由に該当するもの。

  • 1)相手国の公共のエネルギーインフラ(電力、ガス、熱等)にかかわる実証であって当該実証事業が需要家に相当の影響を与えるもの、又は、相手国の相当数の市民若しくは一般の法人の参加が必要な実証。
  • 2)相手国のエネルギー・環境にかかわる制度やルールの創設・変更を促すことで初めて市場が創出されるもの。
  • 3)NEDO実証単独ではなく、JBIC、JICA、NEXI等の関係機関やADB等の国際機関との連携の下で実施するもの。

2. 国際エネルギー実証事業の具体化にあたり重視するポイント

国際エネルギー実証事業の具体化にあたっては、以下の点を満たすことを重視します。NEDOへのご相談に際し、参考にして下さい。

  • 相手国のエネルギー政策に合致するものであり、現地のエネルギー消費の抑制に寄与するもの。
  • 実証終了後、企業が現地において、ビジネス活動により技術の普及を実現するもの。
  • 実証事業やその後の技術の普及が、我が国へのエネルギー供給の円滑化を含む我が国のエネルギー政策の実現に寄与するもの。

3.ご相談・お問い合わせ方法

E-mail本文に必要事項を入力し、件名を「NEDO国際エネルギー実証事業相談(社名)」とした上で、「ご相談フォーマット」をNEDO国際部総括グループ international@ml.nedo.go.jp 宛にお送り下さい。ご相談は随時受け付けています。

<必要事項>

法人名、氏名、所属、役職、連絡先(電話番号、E-mail)

様式:

  • いただいた情報は、NEDO内にて適切に管理し、内部での検討のみに活用します。

<参考資料>

4. 問い合わせ先

窓口 NEDO 国際部 総括グループ
電話番号 044-520-5190
E-mail international@ml.nedo.go.jp

最終更新日:平成29年6月5日