本文へジャンプ

研究開発型ベンチャー・中小企業向け支援メニュー

NEDOでは、研究開発型ベンチャーの起業および事業化をシームレスに支援するため、フェーズに合わせ様々な支援事業をご用意しております。

 

【NEDOのシームレス支援事業スキームのイメージ図】

  • 上記各事業を網羅的にとりまとめた資料や一覧は、以下「資料ダウンロード」からご入手いただけます。

資料ダウンロード

ベンチャー・中小・中堅企業向け支援事業の紹介 テーマ公募事業一覧

ベンチャー、中小・中堅企業向けのテーマ公募型事業について、各事業の概要等を1ページで簡潔にまとめ、A4サイズの冊子形式でとりまとめた資料です。(毎月上旬頃更新予定)

テーマ公募型事業を1枚にまとめた資料です。(毎月上旬頃更新予定)

事業会社と研究開発型ベンチャー企業の連携のための手引き(第二版)

経済産業省により、イノベーションの創出のために重要な「事業会社と研究開発型ベンチャー企業の連携」を促進するため、手引きの初版で明らかになった連携プロセスに発生する障壁について、解決のポイントを事例と合わせて、連携を始める事業会社の担当者に向けた手引きとして第二版がとりまとめられました。

研究開発型ベンチャー企業の資本政策立案の手引

研究開発型ベンチャー企業の資本政策立案の手引は、これから資金調達を行う研究開発型ベンチャー企業にとって、資本政策を立てるために理解すべき重要なポイントを取りまとめたものです。

イベント・公募情報の検索

公募&イベントの検索ができます。

キーワード入力部分に、本ページでご紹介している各事業名(下記、「各支援プログラムのご案内」の事業名称をご参考にしてください)や担当部署名(イノベーション推進部、省エネルギー部など)、また、ご関心のある単語(ベンチャー、オープンイノベーション、ピッチ等)をご入力いただきますと、該当する事業の全情報が検索されます。

  • 検索結果の表示について

検索機能システム上、ご入力いただいたキーワードを含まれる情報が全て表示されます。最新の情報やお探しの情報がある場合は、お手間をおかけしますが、更新日時、事業名称、事業年度等をよくご確認いただきますようお願いいたします。

各支援プログラムのご案内

本ページでご紹介しているベンチャー、中小・中堅企業向けの各事業の説明ページや、公募情報、詳細情報等のページにジャンプします。

ご応募をご検討の方は、過去のスケジュールや公募情報などもご参考にご検討ください。

事業名
事業内容
公募情報
予告 公募 決定

次世代プロジェクトシーズ発掘事業

将来の国家プロジェクトになり得る革新的な技術シーズの発掘 新技術先導研究プログラム
■エネルギー・環境新技術先導研究プログラム
■新産業創出新技術先導研究プログラム
従来の発想によらない革新的な低炭素技術シーズを探索・創出 未踏チャレンジ2050

研究開発型ベンチャーの起業家支援事業

大学、研究機関、ベンチャーの起業家の育成支援  
事業化支援人材の伴走支援による起業支援 (運営管理法人の公募)
ベンチャーキャピタル等と連携してシード期のベンチャーを支援
 

(認定VCの追加公募)

 
事業会社と共同研究等を行う研究開発型ベンチャーを支援
   
高度専門支援人材育成プログラム(NEDO Technology Startup Supporters Academy)  

研究開発成果の実用化・事業化支援事業

再生可能エネルギー分野の事業化を目指した技術開発を支援
省エネルギー技術の研究開発を支援
福祉用具の実用化を支援
中堅・中小・ベンチャー企業の実用化開発を支援
(「橋渡し研究機関」の確認申請)
人工衛星等の宇宙用部品・コンポーネントの研究開発を支援
リアルデータ・実証フィールドを提供する事業会社と連携するAIベンチャーを支援
AIチップのアイデアを支援  

マッチング支援事業

開発成果の継続的なマッチング機会をNEDOホームページで提供 随時    
「宇宙ビジネス起業家」と、宇宙分野に投融資意欲がある「宇宙ビジネス投資家」とのマッチングを円滑化するマッチング・プラットフォームを提供 随時    

オープンイノベーション・ベンチャー創造協議会(JOIC)

NEDOは、平成29年3月1日にオープンイノベーション協議会(JOIC)とベンチャー創造協議会(VBCC)が合併して誕生した「オープンイノベーション・ベンチャー創造協議会(JOIC)」の事務局を務めています。

オープンイノベーション・ベンチャー創造協議会は、民間事業者の「オープンイノベーション」の取組を推進するとともに、「ベンチャー宣言」を実現することにより、我が国産業のイノベーションの創出及び競争力強化に寄与する活動を行っています。

詳細は、以下サイトへアクセスください。

J-Startup

トップベンチャーキャピタリスト、アクセラレーター、大企業のイノベーション担当などが、日本のスタートアップ企業約10,000社の中から一押し企業を推薦、外部審査委員会が推薦内容を尊重しつつ企業をチェックし、厳正な審査で選ばれた企業をJ-Startupの「特待生(J-Startup企業)」として認定します。(事務局:METI、NEDO、JETRO) 詳細は、以下サイトへアクセスください。

最終更新日:平成30年10月2日