本文へジャンプ

風力発電高度実用化研究開発

基本情報

技術分野 プロジェクトコード P13010
担当部署
  • 新エネルギー部(TEL:044-520-5270)

事業・プロジェクト概要

事業期間:平成25年度~平成32年度 平成29年度予算:7.0億円

風力発電の大量導入が期待されているなか、性能向上や発電コスト低減などが重要な課題となっています。今後大型化する風車の主要部品やコンポーネント、設備利用率を向上するメンテナンス技術、風車の故障や部品の寿命等を把握するモニタリング技術等の実用化開発を実施し、風力発電の発電コスト低減を図るとともに、主要部品やコンポーネント、モニタリングやメンテナンス技術等に関する我が国企業の国際競争力強化を目指します。

本事業では、発電コスト低減に向けて、先進的な次世代の大型風車に適用可能な風車部品やメンテナンス技術を高度化する実用化開発を総合的に実施することで、陸上風力発電及び洋上風力発電に関する風車の性能や設備利用率を向上させます。また、小形風車の部品の標準化を実施し、コスト削減を目指します。

詳細資料

Adobe Readerを入手する

最終更新日:平成30年5月11日