本文へジャンプ

先進・革新蓄電池材料評価技術開発

基本情報

技術分野 プロジェクトコード P13007
担当部署
  • スマートコミュニティ部(TEL:044-520-5264)

事業・プロジェクト概要

事業期間:平成25年度~平成29年度、平成29年度予算:3.7億円
PL:吉村 秀明(技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センター専務理事)

世界的な企業間競争が激化しつつある蓄電池産業において、我が国企業の競争力を維持・向上するためには、高性能で低コストの蓄電池を他国に先駆けて開発し、継続的に市場へ投入していく必要があります。
 そのため、本事業においては、先進リチウムイオン電池※1や革新型電池※2の技術進展に合わせて、産業界の共通指標として機能する材料評価技術(標準電池モデルの仕様、作製法、性能評価条件・手順等)を開発し、国内材料メーカからの迅速な新材料提案や国内蓄電池メーカの開発効率の向上を図ります。

  • ※1:先進リチウムイオン電池
    高電位・高容量正極材料、高容量負極材料、高電圧耐性を有する電解質材料等を用いて、高性能化や高耐久化、低コスト化を図ったリチウムイオン電池。
  • ※2:革新型電池
    リチウムイオン電池のエネルギー密度の理論限界(250Wh/kg)を超えての実用化が期待できる蓄電池。全固体電池、多価カチオン電池、金属空気電池等。

  • 図(左)本事業で検討対象とする電池系/(右)本事業のイメージ

詳細資料

Adobe Readerを入手する
最終更新日:平成29年5月22日