本文へジャンプ

未利用熱エネルギーの革新的活用技術研究開発

基本情報

技術分野 プロジェクトコード P15007
担当部署
  • 省エネルギー部(TEL:044-520-5180)

事業・プロジェクト概要

実施期間:平成27年度~平成34年度、平成29年度予算:6.5億円
PL:小原 春彦(産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域 エネルギー・環境領域研究戦略部 研究戦略部長)

東日本大震災以降の電力需給状況を考慮すると、新たな省エネルギー技術の必要性は明白です。現在、一次エネルギーの大半は有効活用できておらず、年間1兆kWhにものぼる未利用熱エネルギーの大部分が排熱として廃棄されています。また未利用熱の有効活用に関しては、自動車・住宅等幅広い分野において大きな課題となっています。

本事業では様々な環境下における未利用熱エネルギーの再利用に注目し、広域に分散した熱を有効利用する技術の基盤となる熱マネージメント技術として、熱を逃さない技術(断熱)、熱を貯める技術(蓄熱)、熱を電気に変換する技術(熱電変換)等の技術開発を一体的に行うことで、未利用熱エネルギーを経済的に回収する技術体系を確立すると同時に、同技術の適用によって自動車・住宅等の日本の主要産業競争力を強化し、社会全体のエネルギー効率を向上させることで、新省エネルギー技術を中核とした新たな産業創成を目指します。

  • 成果適用のイメージ
    成果適用のイメージ

関連成果

プロジェクト実施者の対外発表記事

日付 実施者 タイトル
2016年12月1日 東北大学大学院工学研究科 
応用物理学専攻
2015年12月24日 未利用熱エネルギー革新的活用技術研究組合(TherMAT)、美濃窯業株式会社

詳細資料

Adobe Readerを入手する

最終更新日:平成29年6月2日