本文へジャンプ

省エネルギーフロン代替物質合成技術開発

基本情報

技術分野 プロジェクトコード P02049
担当部
  • 環境技術開発部
連絡先 044-520-5250
詳細資料

事業・プロジェクト概要

事業期間:平成14年度~平成18年度、予算総額:10.4億円

フッ素を含有する化合物は、その優れた特性から、冷媒(冷蔵庫、自動車エアコン等)、産業洗浄剤(電子部品、精密加工部品、光学部品等)、発泡剤(現場発泡)、半導体・液晶製造(エッチング、CVDチャンバークリーニング等)、電力機器絶縁、消火剤、マグネシウム製造分野など幅広く産業分野で利用されています。しかしながら、その中には、大気中に長期間にわたって安定に存在し、かつ極めて大きな温室効果を発揮する化合物も含まれることから、温室効果が小さい化合物の経済的な合成法を早期に開発し、環境に配慮した代替物質の市場導入を推進することが強く要請されています。
 本研究開発では、オゾン層の破壊やその他の環境影響が少なく温暖化効果も小さいフッ素系フロン代替物質の工業的合成法の探索及び検討により、エネルギー効率が高く工業的に有効な合成技術の開発を行い、省エネルギーの観点から総合的な環境負荷の低減を目指しています。

短期的アウトカム概要(6年間の追跡調査により把握した状況)

■追跡対象企業のPJ終了後6年目のステージ状況

対象企業数:8社

  • 上市:2
  • 製品化:0
  • 研究・開発を継続中:1
  • 中止・中断:5
最終更新日:平成26年6月30日