本文へジャンプ

大容量光ストレージ技術の開発

基本情報

技術分野 プロジェクトコード P02037
担当部
  • 電子・情報技術開発部
連絡先 044-520-5210
詳細資料

事業・プロジェクト概要

事業期間:平成14年度~平成18年度、予算総額:31.7億円
PL:大津 元一(東京大学大学院 工学系研究科 教授)

ネットワークの高速化・大容量化に伴い、流通する情報量は急増してきています。こうした大量の情報を効率的に受配信・抽出するためには、大容量の情報を蓄積できるストレージ技術が必須です。しかし、従来技術の延長では光の回折限界や媒体の熱揺らぎ等により、1テラビット/inch2以上の大容量ストレージ技術の実現は不可能であると考えられています。
 本研究開発では、近接場光技術、ナノパターンドメディア技術等という先進的なブレークスルー技術を用いて、1テラビット/inch2級の大容量光ストレージ技術を開発します。

■大容量光ストレージ技術の開発
大容量光ストレージ技術の開発

短期的アウトカム概要(6年間の追跡調査により把握した状況)

■追跡対象企業のPJ終了後6年目のステージ状況

対象企業数:12社

  • 上市:0
  • 製品化:0
  • 研究・開発を継続中:5
  • 中止・中断:7
最終更新日:平成26年6月30日