本文へジャンプ

「第6回 日独環境フォーラム」の開催

平成26年2月24日(月)、25日(火)
平成25年12月25日

情報を更新しました
平成26年2月14日 プログラムを更新しました

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドイツ連邦環境・自然保護・原子炉安全省(BMU)と共同で、第6回日独環境フォーラムを開催します。

今回は「再生可能エネルギーの導入促進を目指して~エネルギー供給から蓄エネルギー、モビリティまで~」と題して、ドイツで重要な政策課題になっているEnergiewende(エネルギー転換)に寄与する、再生可能エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ等NEDOプロジェクトで推進している技術開発・実証及び政策的取り組みに焦点を当てて、最新の取り組みにかかる報告や意見交換を行います。

受講をご希望の方は、下記の参加申し込み方法にしたがって、事前にお申し込みください。多くの方々のご参加をお待ちしております。

日時・会場

日時:2014年 2月24日(月)・25日(火)
【24日】 9時45分~18時00分(開場 9時15分)
【25日】 9時30分~13時15分(開場 9時00分)

会場:品川プリンスホテルメインタワー 24階 クリスタル24

プログラム

2014年2月24日(月)
時間 講演内容 講演者
09時15分 参加者受付開始
09時45分 開会
09時50分 開会の辞 古川 一夫
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 理事長
10時00分 開会の挨拶及び基調講演
「ドイツの気象保護政策と同政策のエネルギーおよびモビリティ分野との関連」
リタ・シュワルツェリュール ズッター
ドイツ連邦環境・自然保護・建設・原子炉安全省(BMUB) 政務次官
10時25分 基調講演
  「日本における再生可能エネルギー導入の取り組み」 木村 陽一
経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部長
10時50分 休憩
11時05分 導入講演:エネルギー供給の将来ビジョン
  モデレーター:松岡 建志
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 国際部長
11時10分 「NEDO再生可能エネルギー技術白書―導入拡大に向けた課題とNEDOの取り組み」 岩田 章裕
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 新エネルギー部 統括研究員
11時30分 「エネルギー転換は可能―将来へのビジョン」 ペーター ヘンニッケ
ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所 シニア・アドバイザー
11時50分 パネルディスカッション&質疑応答
12時15分 休憩
13時55分 セッション1:風力発電
  モデレーター:トルステン ビショッフ
ドイツ連邦環境・自然保護・建設・原子炉安全省(BMUB)
エネルギー転換、気象保護、欧州・国際環境政策部門インフラ・システム統合課 課長
14時00分 「ドイツにおける風力発電に関する政策、助成プログラム、社会参画」 ステファニー ファール
ドイツ連邦環境・自然保護・建設・原子炉安全省(BMUB) 風力・水力発電課 課長
14時20分 「風力発電導入促進に向けた政策動向」 村上 敬亮
経済産業省 資源エネルギー庁 新エネルギー対策課長
14時40分 「風力―今後の可能性、技術、プロジェクト」 ベルンハルド ミュラー
シーメンスウィンドパワー社 アジアパシフィック陸上風力発電部門 リーダー
15時00分 「日本における風力発電関連技術開発とプロジェクト」 加藤 仁
三菱重工業株式会社 執行役員 エネルギー・環境ドメイン 調査役
15時20分 パネルディスカッション&質疑応答
15時45分 休憩
16時00分 セッション 2:ヒートポンプ
  モデレーター:島 昌英
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 省エネルギー部 統括主幹
16時05分 「ドイツにおけるヒートポンプ市場―技術・開発」 カール・ハインツ スタヴィアルスキ
ドイツヒートポンプ協会 専務理事
16時25分 「NEDOにおけるヒートポンプ技術開発について」 楠瀬 暢彦
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 省エネルギー部 主任研究員
16時35分 「“エネルギー転換”に貢献するヒートポンプ―ドイツにおける推進プログラム」 ヴェルネル ライデッグ
連邦経済輸出管理庁 ヒートポンプ市場活性化プログラム課 課長
16時55分 「蒸気生成吸収ヒートポンプシステムの研究開発」 入江智芳
荏原冷熱システム株式会社 冷凍機藤沢工場 製品開発室 基礎技術グループ グループ長
17時15分 「都市に眠る最も有望な再生可能エネルギーを使うヒートポンプ 下水熱の可能性」 上田 憲治
三菱重工業株式会社 冷熱事業本部 大型冷凍機部設計課 課長
17時35分 パネルディスカッション&質疑応答
18時00分 終了
※ 諸注意:フォーラムにおける記録行為(撮影、録音)は、終日ご遠慮いただいております。

2014年2月25日(火)
時間 講演内容 講演者
09時30分 セッション 3:再生可能エネルギー(RE)導入のためのスマートコミュニティ
 蓄エネルギーおよびHEMS&BEMSの役割―
  モデレーター:
ルドヴィック カルグ
B.A.U.Mコンサルタント 代表取締役
09時35分 「RE利用を最大化するHEMS&BEMS―リヨンでの取り組み―」 西村 信孝
株式会社東芝 コミュニティ・ソリューション事業部 海外プロジェクトチーム 主査
09時55分 「グリッドの拡大かエネルギー貯蔵か― ドイツにおけるREのスマートグリッド統合にむけたアプローチと経験」 トルステン ビショッフ
ドイツ連邦環境・自然保護・建設・原子炉安全省(BMUB) エネルギー転換、気象保護、欧州・国際環境政策部門インフラ・システム統合課 課長
10時15分 「スマートコミュニティにおけるHEMSの役割 ―横浜、仙台での取り組み」 加藤 裕一
株式会社NTTドコモ 国際事業部 国際ローミング 担当部長
10時35分 パネルディスカッション&質疑応答
11時00分 休憩
11時15分 セッション 4:RE導入のためのスマートコミュニティ―電気自動車の役割―
  モデレーター:諸住 哲
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) スマートコミュニティ部 統括研究員
11時20分 「電気自動車のインテリジェントグリットへの連系― INEESプロジェクト」 ヴォルフガング シュタイゲル
フォルクスワーゲン株式会社 渉外部フューチャーテクノロジー リーダー
11時40分 「スマートコミュニティにおける電動車両の役割」 松本 優
トヨタ自動車株式会社 技術統括部 主査
12時00分 「ベルリン・ブランデンブルグにおけるeモビリティ」 ゲルノート ローベンベルグ
ベルリン州エージェンシー・イーモビリティeMO 理事長
12時20分 「スマートモビリティのコンセプトとEVパイロットプロジェクト」 江村 文敏
株式会社日立製作所 社会イノベーション・プロジェクト本部 スマートシティプロジェクト本部 NBPD室長
12時40分 パネルディスカッション&質疑応答
13時05分 サマリー 国吉 浩(TBD)
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 理事
トルステン ビショッフ
ドイツ連邦環境・自然保護・建設・原子炉安全省(BMUB) エネルギー転換、気象保護、欧州・国際環境政策部門インフラ・システム統合課 課長
13時15分 閉会
※ 諸注意:フォーラムにおける記録行為(撮影、録音)は、終日ご遠慮いただいております。

参加者定員

日独合わせて各日150名~200名程度
定員になり次第締め切らせていただきます。

参加費

無料

参加申し込み方法

プログラム詳細及び参加申し込みは下記公式ページをご覧下さい。
本フォーラムの各種取りまとめは、株式会社オーエムシーに業務を請負委託して実施します。

個人情報ポリシー

取得した個人情報は、本フォーラムの受講登録を受け付けた旨の連絡及び当日受け付け用のリスト作成にのみ利用いたします。また、当機構が開催する成果報告会、シンポジウム、セミナー等のご案内状の送付・ご連絡に利用させていただく場合がございますので、あらかじめご了承願います。なお、ご提供いただいた個人情報は、法令などにより提供を求められた場合を除き、上記の利用目的以外で利用することはありません。

連絡先

本案内のお問い合わせ先
担当者 NEDO国際部 山田、伊坂
E-MAIL international@ml.nedo.go.jp
申込み登録に関すること
担当者 「第6回日独環境フォーラム」申込事務局 (株式会社オーエムシー内)
E-MAIL r_hayashi@omc.co.jp
空席状況はこちら