本文へジャンプ

「メーカー技術者・研究者の起業と自立を支援するセミナー」の開催

平成26年4月1日
情報を更新しました
平成26年4月8日 講師のご紹介を本文中に掲載いたしました。
平成26年4月2日 東京会場の住所および地図リンク先を修正いたしました。

我が国には、企業や大学等の中に事業化されない技術シーズが多数眠っていると考えられます。これは、高い技術力を有する一方、市場ニーズを十分に反映できていないなど、ビジネス面の弱さから事業化に結びついていないことがその一因と考えられます。これらをビジネスモデルとマッチさせて事業化に結びつけることが日本経済活性化のために不可欠です。
 そこで、技術シーズを有する企業の技術者・研究者の方を対象に、技術シーズの事業化方法・ポイントについて、具体例をまじえてわかりやすくご紹介します。
 講演者は、技術系ベンチャーを起業して上場や買収等を成功させた起業家や、大企業の新規事業創出や技術系ベンチャーの支援に取り組んでいる支援者です。事業化の魅力、技術系ベンチャーがつまずきやすいポイントやその克服方法など、実際の起業経験や多数の事業化支援経験に基づく実用的なポイントが多数ございます。
 多数の方のご参加をお待ちしております。もちろん、技術者・研究者以外の方のご参加も歓迎します。

開催概要

(1)内容 
 本セミナーでは、メーカーに所属の技術者・研究者を対象に、大手メーカーを退職後、シリコンバレーで起業し、起業した会社をApple社のスティーブ・ジョブスに売却したご経験をお持ちの曽我 弘氏(起業家・起業支援者)を講師に招き、起業家としての成功体験についてお話しいただくほか、マッキンゼーで新事業立ち上げなどのプロジェクトをリードしたご実績が豊富で、現在は研究開発型ベンチャーや大企業の新規事業創出に取り組まれている赤羽 雄二氏(新事業コンサルティング・起業支援者)を講師に招き、技術者・研究者にとっての自立・起業についてお話しいただきます。
 また、セミナー終了後には交流会もございます。

(2)開催日時・場所・プログラム
ア.東京会場( 地図

日時:平成26年4月16日(水)19時00分~21時30分(開場・受付開始:18時30分~)

会場:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター 7階 ホール7C
東京都中央区京橋1-7-1 戸田ビルディング

定員:170名

プログラム(NEDO・経産省 共催)
時間 内容 講師(※敬称略)
19時00分~ 開会の挨拶 経済産業省
産業技術環境局 技術振興課
19時05分~ 講演1
「起業家が語る成功体験」
曽我 弘
BLUE JAY ENERGY,INC.
Co‐Founder and Chairman、
KAPIONパートナーズ 共同代表
19時35分~ 講演2
「技術者にとっての自立・起業とは?」
赤羽 雄二
ブレークスルーパートナーズ
マネージングディレクター
20時20分~ NEDO支援プログラムについて 吉岡 恒
NEDOイノベーション推進部 主幹
20時30分~ 交流会  
21時30分 閉会  

イ.大阪会場(地図

日時:平成26年4月23日(水)18時30分~21時00分(開場・受付開始:18時00分~)

会場:新梅田研修センター 2階 Gホール
大阪府大阪市福島区福島6-22-20

定員:190名

プログラム(NEDO・経産省 共催)
時間 内容 講師(※敬称略)
18時30分~ 開会の挨拶 経済産業省
産業技術環境局 技術振興課
18時35分~ 講演1
「起業家が語る成功体験」
曽我 弘
BLUE JAY ENERGY,INC.
Co‐Founder and Chairman、
KAPIONパートナーズ 共同代表
19時05分~ 講演2
「技術者にとっての自立・起業とは?」
赤羽 雄二
ブレークスルーパートナーズ
マネージングディレクター
19時50分~ NEDO支援プログラムについて 久木田 正次
NEDOイノベーション推進部長
20時00分~ 交流会  
21時00分 閉会  

参加方法

ア.参加登録
参加をご希望される会場名よりお申し込みください。

イ.参加費
無料

講師のご紹介

曽我 弘 氏

新日鉄退社後、1991年にシリコンバレーに移住。画像圧縮技術開発のベンチャー企業Eidesign Technologies, Inc.を設立、経営。1996 年にSpruce Technologies, Inc.を設立。DVDオーサリングシステムを開発・商品化し、今日のDVD普及の一翼を担う。旗艦商品「DVDMaestro」はハリウッドでのデファクト標準になり、大手企業の顧客を持つ。最終的に、同社をApple Computer へ売却。2008年Vision Booster, LLC.を設立し、バイオ関連ビジネスや、日米のスタートアップ企業のメンターとして支援活動を行う。東京21Cクラブのメンバー。2010年に帰国後、スタートアップ企業との日米間のオープンイノベーションを目指し活動中。東北大学と共同事業化の検討を行い、その後市場調査を推進するため、シリコンバレーにBlue Jay Energy, Inc.を吉川絵美と共同で設立。現在日本発の技術を利用したグローバルビジネス展開のための準備プロジェクトを推進中。また日本人起業家や大学生を中心にメンターや講演等の活動を推進中。また日本人起業家や大学生を中心にメンターや講演等の活動を推進するため、KAPIONパートナーズを能登左知と共同で設立。

赤羽 雄二 氏

東京大学工学部を1978年に卒業後、小松製作所で建設現場用ダンプトラックの設計・開発に携わる。1983年よりスタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了。1986年、マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。1990年にはマッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた。2002年、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すことを使命としてブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。最近は、大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、オープンイノベーションにも積極的に取り組んでいる。

著書に6万部突破の話題のベストセラー『ゼロ秒思考』(ダイヤモンド社)がある。

参考

連絡先

担当者 イノベーション推進部 吉岡・藤原・戸瀬・伊吹
電話番号 044-520-5173
E-mail startup26@nedo.go.jp
Adobe Readerを入手する