本文へジャンプ

「BioJapan2015」への出展

平成27年10月8日

NEDOは、2015年10月14日(水)~10月16日(金)にパシフィコ横浜で開催される「BioJapan 2015」へ参加します。NEDOブースではテーマ公募型支援事業の紹介や創薬・医療関連のNEDO事業者による研究開発成果の展示を行います。また、共同出展ゾーン内においても非可食性バイオマスを利用した化学品製造に関するポスター展示を行います。

BioJapan2015開催概要

会期:
2015年10月14日(水)~16日(金)
10時00分~17時00分(パートナリングは8時30分~16時30分)
会場:
パシフィコ横浜 ホールC・D(〒220-0012 横浜市西区みなとみらい1-1-1)
入場料:
5,000円(「BioJapan 2015」公式ホームページで事前登録された方は入場無料)
主催:
BioJapan組織委員会、株式会社ICSコンベンションデザイン

NEDOブース(A-51)展示概要

NEDOテーマ公募型支援事業の紹介

  • 〇ベンチャー支援事業
  • 〇実用化支援事業 他

主催者セミナー「ベンチャー企業育成・支援の課題と今後」パネルディスカッションにNEDOイノベーション推進部が参加します。(2015年10月16日(金)9時30分~11時30分)

NEDO事業者展示

  • 〇株式会社イデアクエスト
     非接触呼吸運動計測装置
  • 〇株式会社MCBI
     認知症・肝疾患を対象としたバイオマーカーによる血液検査
  • 〇株式会社CICS
     都市型病院に導入可能ながん治療機器―BNCT(ホウ素中性子捕捉療法)―
  • 〇株式会社ツーセル
     他家軟骨再生医療産業を狙い開発したMSC培養技術による無血清培地と
     プラズマ処理培養器
  • 〇株式会社バイオメッドコア
     医療用リポソーム製剤化技術を用いた後眼部DDS点眼剤
  • 〇古河シンチテック株式会社
     高解像度・高空間分解能 乳房用PET装置「PEMGRAPH」
  • 〇国立大学法人三重大学 薬理ゲノミクス・オミックス創薬科学
     ゼブラフィッシュ創薬支援システム開発研究
  • 〇株式会社UniBio
     植物一過性遺伝子発現技術によるEGFの生産

※ 2015年10月15日(木)10時55分~11時55分に出展者プレゼンテーションを行います。

ポスター展示(JBA研究会共同出展ゾーン内)概要

非可食性バイオマスを利用した化学品製造プロセスの構築に関する事業概要及び成果の紹介

また、主催者セミナー「スペシャルセッション(2)バイオマス有効利用~バイオリファイナリ」の中で本事業プロジェクトリーダーによる講演を行います。(2015年10月15日(木)12時30分~13時00分 アネックスホール F204)

連絡先

NEDOブース展示に関するお問い合わせ

電話番号 044-520-5172
FAX番号 044-520-5177
担当者 イノベーション推進部 諸橋、孫田

ポスター展示に関するお問い合わせ

電話番号 044-520-5220
担当者 電子・材料・ナノテクノロジー部 浦野、後藤