本文へジャンプ

「ベンチャーキャラバンみやぎ@東北大学」の開催

平成28年3月1日
情報を更新しました
平成28年3月3日 連絡先のFAX番号を修正しました。

NEDOでは、経済産業省と連携して、研究開発型ベンチャーの創出の推進と地方創生の観点から、「ベンチャーキャラバン」と称し、全国会場にて、支援施策の周知と有用知見の提供を行っております。このたび、東北地方版として、平成27年度「ベンチャーキャラバンみやぎ@東北大学」を国立大学法人東北大学と連携して開催致します。

今回、大学発シーズの事業化に強みがあるNEDO認定ベンチャーキャピタルや東北大学発ベンチャーの創出に携わる有識者が登壇し、有用事例の講演を行い、ベンチャーキャピタルとのネットワーク構築を図ります。つきましては、大学発シーズの事業化や研究開発型ベンチャーの起業・立ち上げ、地域で技術系ベンチャーの支援や経営を行っている関係者、こうした事業に関心をお持ちの皆様におかれましては奮ってご参加下さい。

開催日時・場所

日時: 
平成28年3月8日(火) (受付開始14時00分)
場所: 
東北大学 片平キャンパス 片平北門会館2階 社会連携スペース「エスパス」
 (仙台市青葉区一番町1-14-8)
参加費: 
無料 (要事前登録)

プログラムおよびご講演概要(敬称略)

【第1部】「政府のベンチャー支援プログラムについて」

(1)ご挨拶

経済産業省 技術振興・大学連携推進課

課長 山田 仁

(2)NEDOによる「ベンチャー支援事業」の紹介

NEDOイノベーション推進部 主幹 吉岡 恒

(3)VCはベンチャー企業の“ここを見る”

 〔1〕ウエルインベストメント株式会社
    投資部長  前田 信敏

 〔2〕株式会社東京大学エッジキャピタル
    取締役  辻 秀樹

《ご講演概要》

研究・技術開発型ベンチャーに関する施策について、METIの方針や、NEDOの支援制度について説明致します。

また、NEDOの認定VCの中でも、大学発ベンチャーへの投資育成に定評のある2社の責任者から、ベンチャーキャピタルから見て、出資したい、と思わせる企業の特徴や傾向、ポイント、ケースなどについて解説して頂きます。

【第2部】「東北大学のベンチャー支援の取組み」

(1)ご挨拶

東北大学 理事(産学連携担当) 進藤 秀夫

(2)大学研究成果の事業化推進活動について

東北大学 事業イノベーション本部
 幹事 根本 義久

(3)東北イノベーションキャピタルの取組紹介

東北イノベーションキャピタル株式会社
 代表取締役社長 熊谷 巧

(4)東北大学ベンチャーパートナーズの取組紹介

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社
 代表取締役社長 八浪 哲二

(5)事例紹介

東北大学 多元物質科学研究所
 秩父研究室 研究員 斉藤 真

株式会社東北マグネット インスティテュート
 代表取締役 阿部 宗光 

《ご講演概要》

東北から日本を代表する機関である東北大学から、研究シーズの事業化・大学発ベンチャーの立ち上げについての取り組みを説明して頂きます。

また、東北大学や東北地域のベンチャー企業との関わりが深いベンチャーキャピタルの代表者より、それぞれ最新の取組をお話頂きます。

事例紹介として、大学の研究成果より派生し、事業化やベンチャービジネスの前線で活躍する研究者、起業家より、研究・事業への取り組み・活動についてご紹介を頂きます。

【第3部】「ネットワーク構築(情報交換会)」(参加無料)

皆様のご参加をお待ちしております。

申し込み方法

お申込みは、最下の「お申込みはこちらから」ボタンよりお願いいたします。

申込み受付締切: 平成28年3月7日(月) まで

(定員に達し次第、受付を締め切らせて頂きますので予めご了承ください。)

連絡先

TEL 044-520-5173
FAX 044-520-5178
E-mail nic@nedo.go.jp
担当者 NEDO イノベーション推進部  英(はなぶさ)・橋詰

資料

空席状況はこちら
Adobe Readerを入手する