本文へジャンプ

「エネルギー・環境新技術先導プログラム/ビッグデータ処理を加速・利活用する脳型推論システムの研究開発 ワークショップ開催」のご案内

平成28年9月9日

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、国立研究開発法人産業技術総合研究所と共同で、「エネルギー・環境新技術先導プログラム/ビッグデータ処理を加速・利活用する脳型推論システムの研究開発」に関するワークショップを開催致します。

本ワークショップでは、ポストムーア時代のコンピューティング (脳型コンピューティング等を含む) におけるデバイス・プロセス開発等の役割やNEDO「エネルギー・環境新技術先導プログラム」で行われている当該研究開発の成果について紹介します。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時・会場

日時:
平成28年10月27日(木)13時00分~18時00分
場所:
航空会館 7階大ホール
東京都港区新橋1-18-1
(JR新橋駅 日比谷口 徒歩5分
地下鉄 東京メトロ銀座線・都営浅草線 新橋駅 7出口 徒歩5分
地下鉄 都営三田線 内幸町駅 A2出口 徒歩30秒)

主催等

主催:
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
共催:
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
後援:
一般社団法人 電子情報技術産業協会
応用物理学会 機能性酸化物研究グループ

プログラム(予定)

時間 内容
13時00分~13時05分 開会
13時05分~13時15分 ご挨拶
13時15分~14時15分 【招待講演】
人工知能と数理脳科学~ニューロモルフィックハードウエア研究への期待~
合原 一幸 東京大学生産技術研究所教授
14時15分~15時15分 【招待講演】
新しい集積回路で左脳と右脳を創る
黒田 忠広 慶應義塾大学理工学部教授
15時15分~15時30分 休憩
15時30分~16時00分 【事業報告】
超低消費電力脳型推論デバイス用新材料・デバイス技術の開発
秋永 広幸 産業技術総合研究所総括研究主幹
16時00分~16時20分 【事業報告】
超低消費電力シナプス・ニューロン模倣素子用新材料技術の開発
長谷川 剛 早稲田大学理工学術院教授
16時20分~16時40分 【事業報告】
超低消費電力新型デバイスの開発とその集積化に向けて(仮)
三河 巧 パナソニックセミコンダクターソリューションズ株式会社主幹
16時40分~17時00分 【事業報告】
ハードウェア指向深層学習アルゴリズムとそのシステムアーキテクチャの構築
浅井 哲也 北海道大学大学院情報科学研究科教授
17時00分~18時00分 デモ等(ポスター展示、自立走行テストマシンの実機展示、他)

お申込み方法

下記ホームページよりお申し込みください。参加費は無料です。

(講演概要等も下記ホームページに記載されております。)

お問い合わせ

ワークショップ運営事務局 (株)セミコンダクタポータル
メールアドレス:Aidevice@semiconportal.com