本文へジャンプ

「オープンイノベーション・ベンチャー創造協議会第6回JOICセミナー」の開催

平成29年7月19日

オープンイノベーション・ベンチャー創造協議会(JOIC)では、オープンイノベーションの推進に資する各種イベント(セミナー・ワークショップ・ピッチイベント等)を開催しております。

今般、第6回JOICセミナー「欧州におけるオープンイノベーションの事例」を下記のとおり開催いたしますので、奮ってご参加申込下さい。

開催日時・場所

日時:
平成29年7月25日(火) 10時30分~12時00分(10時00分開場)
場所:
ザ・プリンス パークタワー東京 「中宴会場はなみずき」
〒105-8563 東京都港区芝公園4-8-1
参加費:
無料
  • 備考:同時通訳あり

プログラム

■講演〔1〕

Siemens (シーメンス) Head of Corporate Technology Helmut Wenisch 氏
「巨大複合企業におけるオープンイノベーション ~プル型とプッシュ型を併用したパートナー探索~」(仮題)

シーメンスはドイツのバイエルン州ミュンヘンに本社を置く多国籍企業。シーメンスでは、通常は社外秘とされることが多い当社が思い描く将来像を「Picture of the Future」として毎年外部に発信することで、社会を啓蒙するとともに外部パートナーの呼び込みをプル型で行っている。その一方で、当社に必要な技術の中でベンチャー企業から調達すべきものが何かを幹部と密に連携して定義づけし、米国カリフォルニア州バークレーに設立した「Siemens Technology to Business Centers (TTB)」などを通して探索するというプッシュ型のアプローチも取っている。

■講演〔2〕

Electrolux (エレクトロラックス) Project Manager Beatrice Maestri 氏
「不確実性の度合いに応じた手法の使い分け ~Targeted ChallengesとInspired Challenges~」(仮題)

エレクトロラックスは、スウェーデンのストックホルムに本社を置く世界最大級の家電メーカー。エレクトロラックスではオープンイノベーションを、社内と社外のネットワークのシナジーを通じたビジネス手法と位置づけ、Targeted challenges とInspired challengesという2つの軸で取り組みを行っている。Targeted challengesは技術開発のロードマップが明確で目標と現実のギャップを埋めるためにオープンイノベーションを活用するものを対象としているのに対し、Inspired challengesは自社として求めるものが明確でない課題やテーマに関して、アイデアや答えを探索するためにオープンイノベーションを活用する取り組みとなっている。

申し込み方法

お申込みは、最下の「申し込みはこちらから」ボタンよりお願いいたします。

申込み受付締切: 平成29年7月24日(月)まで

本セミナーはどなたでもご参加いただけますが、JOICではクローズでのイベント等も多数用意しております。会員の皆様方にはイベント等を優先的に案内させて頂いておりますので、非会員の皆様方におかれましてはこの機会に本協議会へのご入会をご検討ください(会費無料/簡素な入退会手続き/企業名、団体名は非公表でも入会可能/各種イベント(セミナー、ワークショップ、マッチングイベント等)の参加費無料)。

JOICの設立趣旨に賛同される企業、団体などの入会をお待ちしております。

連絡先

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

電話番号 044-520-5173­
FAX番号 044-520-5177­
E-mail open_innovation@nedo.go.jp
担当者 イノベーション推進部 スタートアップグループ 小栗、遠藤、梶原
空席状況はこちら