本文へジャンプ

第20回福祉工学カフェ「支援機器開発における流通の課題」の開催

当事者の生活に利益をもたらす支援機器の流通と開発のあり方とは
平成30年9月7日

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、実用性の高い福祉機器の開発・普及を目指して、「福祉工学カフェ」を下記のとおり国立障害者リハビリテーションセンター研究所とともに開催します。
 「福祉工学カフェ」の開催は20回目で、「支援機器開発における流通の課題」をテーマに活発な意見交換を期待します。 多くの皆様のご参加をお待ちしております。

1.開催日時・会場

平成30年9月28日(金)

13時00分~17時00分(12時00分開場)

NEDO分室

〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル12F

2.内容

 障害当事者の自立支援機器の活用・普及促進のために、実用的な支援機器の開発とその情報が必要な人に届くことが大事です。支援機器の開発に当たっては、十分なニーズ調査と分析を行った上で試作品のモニター評価、改良を重ねることが望まれます。そして、実用的な支援機器の情報が必要とされる当事者に届き、利用可能か否かの判断が適切に行われ、必要に応じて使い方を練習する機会が当事者に提供されることなどが望まれます。   
 ここでは、適切なニーズの分析から、望ましい製品開発、適切な情報提供、障害に合わせた適切な機器調整(フィッティング)等について、現状を整理し、今後のより良い支援機器流通と開発のために、意見交換等を行います。

12時00分~
開場
13時00分~13時10分
開会・企画の趣旨説明
東 祐二(国立障害者リハビリテーションセンター研究所障害工学研究部 部長)
13時10分~13時20分
NEDO福祉事業のご紹介
朝倉 陽子(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)イノベーション推進部 主査)
13時20分~13時50分
支援機器流通の構造と制度の整理
秋山 仁氏(厚生労働省社会・援護局 障害保健福祉部企画課 自立支援振興室 福祉用具専門官)
松本 琢麿氏 (厚生労働省老健局 高齢者支援課 福祉用具・住宅改修指導官)
13時55分~14時25分
開発企業(つくる人)による話題提供
本橋 毅氏(TOTO株式会社販売統括本部 UD・プレゼンテーション推進部 UD担当部長)
平井 栄太氏(パラマウントベッド株式会社要素技術部 要素二課 課長)
14時25分~14時40分
休憩
14時40分~15時10分
当事者(つかう人)による話題提供
葉山 靖明氏(株式会社ケアプラネッツ 代表取締役)
柳橋 啓司氏(一般社団法人石岡市医師会介護老人保健施設ゆうゆう 介護主任)
15時15分~15時30分
流通事業者(とどける人)による話題提供
今江 文保氏(パシフィックサプライ株式会社事業開発本部 新規事業海外事業開発部 部長)
15時30分~15時45分
休憩
15時45分~16時45分
フリーディスカッション
講師、来場者、関係者による総合ディスカッション
16時50分~17時00分
閉会あいさつ
小野 栄一(国立障害者リハビリテーションセンター研究所 所長)

3.お申込み方法

下記リンクからお申し込み下さい。

個人情報について

取得した個人情報は、シンポジウム/フォーラムの参加申込みに関する連絡等に利用します。なお、ご提供いただいた個人情報は上記の目的以外で利用することはありません。(ただし、法令等により提供を求められた場合を除きます。)

連絡先

担当者 イノベーション推進部 浅野、朝倉、柴野、村田
電話番号 044-520-5175­
E-mail fukushi@nedo.go.jp