本文へジャンプ

NEDO・つくば総合特区プロジェクト共催/生活支援ロボット実用化プロジェクト成果発表会

平成26年5月22日
情報を更新しました
平成26年5月30日 ロボット体験会に搭乗型ロボットの台数を追記しました。
ロボット体験会のインストラクタの人数を6人から8人に変更しました。

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)では、2009年度~2013年度に実施致しました「生活支援ロボット実用化プロジェクト」の成果を広く国民の皆様に知って頂くとともに、生活支援ロボット安全検証センターの各種試験装置を利用した「受託試験・研究」の説明を行い、同センターの見学会を下記(案)のとおり行います。また、つくば市役所、産業技術総合研究所、トヨタ自動車のご厚意で、搭乗型ロボットの体験試乗会を行います。さらに、本田技術研究所のご協力で装着型ロボットの体験会も行います。 参加を希望される場合は、下記の参加申し込み方法にしたがって、事前にお申し込み下さい。

1.日時・場所

時間 場所 項目
<平成26年6月18日(水)>
09時45分~
12時30分
つくば市役所2階会議室
(つくばエクスプレス「研究学園」から徒歩7分)
講演会
12時30分~
14時30分
つくば市役所前広場 搭乗型・装着型ロボット体験会(自由参加)
昼食
13時40分~
16時40分
生活支援ロボット安全検証センター
(つくば市役所より送迎マイクロバスを用意)
生活支援ロボット安全検証センター見学会(自由参加)
受託試験・研究相談会

2.プログラム

【講演会 9時45分~12時30分】

司会:NEDOロボット・機械システム部主査 菅原 淳

時間 講演次第
09時45分~
09時50分
挨拶:つくば市長 市原 健一
09時50分~
09時55分
NEDOのロボットプロジェクトについて
NEDOロボット・機械システム部部長 弓取 修二
09時55分~
10時35分
生活支援ロボット実用化プロジェクトの概要・成果
プロジェクトリーダー、産業技術総合研究所
知能システム研究部門研究部部門長 比留川 博久
10時35分~
11時15分
国際標準化と安全検証センターでの受託試験・研究
日本自動車研究所ロボットプロジェクト推進室室長 藤川 達夫
11時15分~
11時25分
休憩
11時25分~
12時05分
生活支援ロボットの安全認証
日本品質保証機構認証制度開発普及室 室長 浅田 純男、主幹 清水 雄一郎
12時05分~
12時25分
安全認証の実例
パナソニックプロダクションエンジニアリング 久米 洋平
12時25分~
12時30分
質疑応答
項目 詳細
【ロボット体験会(自由参加)、昼食 12時30分~14時30分】
体験会 搭乗型ロボット8台(インストラクター8人)、装着型ロボット2台
昼食 つくば市役所食堂、または、駅周辺レストラン
項目 内容
【生活支援ロボット安全検証センター 13時40分~16時40分】
見学 20人×8グループ、10分間隔で1グループずつ見学開始
見学時間90分。 その後、マイクロバスで駅まで移動、解散
受託試験・研究に関する相談会 見学後、希望者のみ。(場所:安全検証センター会議室2F)

3.お申し込み方法

参加費は無料ですが、事前登録が必要です。お申込みは、最下の「申し込みはこちらから」ボタンよりお願いいたします。
 〆切は6月13日と致します。(定員は各会場220名です)。

4.個人情報について

取得した個人情報は、本成果報告会の申込みに関する連絡等に利用いたします。ご提供いただいた個人情報は、上記の利用目的以外で利用することはありません(ただし、法例等により提供を求められた場合を除きます)。

連絡先

電話番号 044-520-5241
FAX番号 044-520-5243
担当者 ロボット・機械システム部 菅原、生井、樋口
空席状況はこちら