本文へジャンプ

「物流・インフラ点検・災害対応ロボットシンポジウムin福島」の開催

-ロボットの実用化に向けた性能評価手法の最新成果を公表-
平成30年1月26日

NEDOは2月6日、福島県と共同で、「物流・インフラ点検・災害対応ロボットシンポジウムin福島」を同県南相馬市内で開催します。

本シンポジウムでは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待される無人航空機、水中点検ロボット、陸上ロボットの実用化に向け、NEDOが取り組んできたロボット性能評価手法の研究成果や、その活用が見込まれる福島ロボットテストフィールド※1について講演を行います。さらに会場では、研究開発の内容を紹介するパネルや各種ロボットの実機などを展示予定です。

開催日時・会場

開催日:
平成29年2月6日(火)
時間:
13時30分~17時40分
会場:
ブライダル&ホテル ラフィーヌ
〒975-0004 福島県南相馬市原町区旭町2-29
参加方法:
無料

申し込みは日刊工業新聞社公式サイトからお願いします。

報告・展示内容

本シンポジウムでは、NEDOが取り組んできたロボット性能評価手法の研究成果や、その活用が見込まれる福島ロボットテストフィールドの紹介を行います。さらに会場では、研究開発の内容を紹介するパネルや各種ロボットの実機などを展示予定です。

  • 講演者、プログラムは変更になる場合があります。

<プログラム>

日時:平成30年2月6日(火)13時30分~17時40分

時間 内容
13時30分~13時50分 主催者ご挨拶
来賓ご挨拶
13時50分~14時10分 DRESS※2プロジェクト概要説明
(NEDO)
14時10分~14時40分 無人航空機性能評価手法及び実証試験に関する成果報告
(株式会社SUBARU、株式会社自律制御システム研究所)
14時40分~15時10分 橋梁インフラ点検性能評価手法及び実証試験に関する成果報告
(富士通株式会社)
15時10分~16時00分 休憩及び展示・パネル※3見学会
16時00分~16時30分 ダム・河川インフラ点検水中ロボット性能評価手法及び実証試験に関する成果報告(パナソニック株式会社)
16時30分~17時00分 トンネル災害対応陸上ロボット性能評価手法及び実証試験に関する成果報告
(三菱重工業株式会社)
17時00分~17時20分 福島ロボットテストフィールドの計画について
(福島県)
17時20分~17時40分 質疑応答
17時40分 閉会宣言
※1  福島ロボットテストフィールド
物流、インフラ点検、大規模災害などに活用が期待される無人航空機、災害対応ロボット、水中探査ロボットといった陸・海・空のフィールドロボットを主対象に、実際の使用環境を拠点内で再現しながら、研究開発、実証試験、性能評価、操縦訓練を行うことができる研究開発拠点。福島県南相馬市および浪江町で2018年度から順次開所予定。
※2 DRESS
Drones and Robots for Ecologically Sustainable Societies
「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」の略称
プロジェクト期間は2017年度~2021年度の5年間で、2017年度予算は33億円。
※3 展示・パネル見学 機器、パネル展示6コーナーを併設
トンネル災害対応陸上ロボット、ダム・河川インフラ点検水中ロボット、物流・災害対応ドローン等の実機展示、及びWorld Robot Summit紹介等のパネルを展示予定

NEDO連絡先

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

電話番号 044-520-5241­
担当者 ロボット・AI部 宮本、山中、永松