本文へジャンプ

「インフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト」成果報告会を開催

―インフラ維持管理と災害調査の現場で有用なロボット開発の最終成果を公表―
平成30年2月23日

NEDOは平成26年度より「インフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト」を実施してまいりました。本プロジェクトのロボット分野では、インフラ構造物や災害発生現場において人間の立ち入りが困難な箇所へ移動し、必要な情報を取得する技術の開発に取り組んでまいりました。

本年度は本プロジェクトのロボット分野の最終年度となりますので、その開発成果を広くご紹介し、早期の社会実装を促進するために公開の成果報告会を開催します。さらに、会場では、開発したロボットの実機の一部を展示予定です。※1

開催日時・会場

開催日: 
平成30年3月8日(木)
開催時間: 
9時30分~17時00分
会場: 
機械振興会館 B2ホール
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8
参加方法: 
無料
申し込みは成果報告会ホームページからお願いします。

報告・展示内容

本報告会では、NEDOが取り組んできたインフラ維持管理用ロボット技術の研究成果や、これまで行ってきた実証実験の紹介を行います。さらに会場では、開発したロボットの実機の一部を展示予定です。

  • 講演者、プログラムは変更になる場合があります。

<プログラム>

日時:平成30年3月8日(木)9時30分~17時00分 (開場 9時00分)

時間 内容
9時30分~9時40分 開会のご挨拶
9時40分~10時00分 NEDOからの報告
10時00分~10時30分 報告1 マルチコプタを利用した橋梁点検システムの研究開発
(川田テクノロジーズ株式会社、大日本コンサルタント株式会社)
10時30分~11時00分 報告2 小型無人ヘリを用いた構造物点検技術開発
(ルーチェサーチ株式会社)
11時00分~11時30分 報告3 磁石走行式ロボット等を活用した橋梁点検システムの開発
(株式会社熊谷組、株式会社移動ロボット研究所)
11時30分~12時00分 報告4 複眼式撮像装置を搭載した橋梁近接目視代替ロボットシステムの研究開発
(富士フイルム株式会社、株式会社イクシスリサーチ)
12時00分~13時00分 昼休憩
13時00分~13時30分 報告5 インフラ診断ロボットシステム(ALP)の研究開発
(株式会社開発設計コンサルタント)
13時30分~14時00分 報告6 橋梁桁端部点検診断ロボットの開発
(ジビル調査設計株式会社)
14時00分~14時30分 報告7 河川点検を効率化・高度化するフロートロボットの研究開発
(朝日航洋株式会社)
14時30分~15時00分 報告8 可変構成型水中調査用ロボットの研究開発
(株式会社キュー・アイ、株式会社日立製作所)
15時00分~15時20分 休憩
15時20分~15時50分 報告9 土石流予測を目的としたセンシング技術ならびに高精度土石流シミュレーションシステムの開発
(国際航業株式会社、株式会社エンルート)
15時50分~16時20分 報告10 災害調査用地上/空中複合型ロボットシステムの研究開発
(株式会社日立製作所、株式会社エンルート、八千代エンジニヤリング株式会社)
16時20分~16時50分 報告11 引火性ガス雰囲気内探査ロボットの研究開発
(三菱重工業株式会社)
16時50分~17時00分 閉会のご挨拶

※1  B3研修1号室 機器展示コーナーを併設
インフラ維持管理及び災害調査ロボットの実機の一部を展示予定

NEDO連絡先

電話番号 044-520-5241­
担当者 ロボット・AI部 小川、川上、安川