本文へジャンプ

Japan Drone 2018で「DRESSプロジェクトフォーラム」を開催

平成30年3月20日

NEDOは3月22日、「DRESSプロジェクトフォーラム」を開催します。

本フォーラムは、3月22日から24日まで開催される「Japan Drone 2018」に併せて開催するもので、NEDOと複数の企業などが、ドローンに関連したビジネスの実現を目指す「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」(略称、DRESSプロジェクト)の研究開発成果を発表します。ドローン事業の加速化に向けた官民の取り組みを国内外へ発信することによりグローバルマーケット市場の創出を目指します。

開催日時・会場

日時: 
2018年3月22日(木) 11時00分~17時30分
場所: 
会場:幕張メッセ 国際会議場 2F 国際会議室
参加費: 
無料
  • 詳細なプログラム、参加申し込み、アクセスなどの情報は、以下のWEBページをご参照ください。

フォーラム内容

NEDOは、「DRESSプロジェクトフォーラム」を「Japan Drone 2018(幕張メッセ 国際会議場)」で3月22日に開催します。

本フォーラムでは、NEDOと複数の企業などが、ドローンに関連したビジネスの実現を目指す「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」(略称、DRESSプロジェクト)の研究開発成果を発表します。長時間飛行や特殊環境下での連続航行を実現するドローン、物流分野・災害対応分野・警備分野等での運用システム、ドローンの安全な運航を支援する気象情報や地図情報、ドローンの正確な位置を把握するための準天頂受信機などの研究開発成果を発表する予定です。NEDOは、これらドローン事業の加速化に向けた官民の取り組みを国内外へ発信することによりグローバルマーケット市場の創出を目指します。

<NEDOセッション プログラム>

日時:平成30年3月22日(木)11時00分~17時30分

時間 内容
11時00分 ~ 11時50分 開会挨拶・プロジェクト全体概要説明
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
ロボット・AI部 DRESSプロジェクトマネージャー 宮本 和彦
11時50分 ~ 12時30分 特殊環境下における連続稼働等が可能な機体の研究開発
株式会社エンルート
長時間作業を実現する燃料電池ドローンの研究開発
株式会社プロドローン
13時20分 ~ 15時20分 運航管理システムの全体設計に関する研究開発
国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
安心・安全で効率的な物流等のサービスを実現する運航管理システムの研究開発
日本電気株式会社
警備業務に対応した運航管理機能の研究開発
KDDI株式会社
複数無線通信網を利用した多用途運航管理機能の開発
株式会社日立製作所
準天頂衛星システムを利用した無人航空機の自律的ダイナミック・リルーティング技術の開発
株式会社SUBARU
衛星通信を利用するドローンの運航管理システムの開発
スカパーJSAT株式会社
15時40分 ~ 17時20分 ドローン向け気象情報提供機能の研究開発
一般財団法人 日本気象協会
無人航空機の安全航行のための空間情報基盤の開発
株式会社ゼンリン
電波・光波センサ統合技術の開発
日本無線株式会社
正確な位置情報を共有するための準天頂衛星対応受信機の研究開発
マゼランシステムズジャパン株式会社
準天頂衛星対応受信機の低消費電力化の研究開発
三菱電機株式会社
17時20分 ~ 17時30分 閉会挨拶
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

用語解説

※ ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト(DRESSプロジェクト)
プロジェクト期間は2017年度~2021年度の5年間で、2017年度予算は33億円。
DRESSは、Drones and Robots for Ecologically Sustainable Societies projectの略称。

NEDO連絡先

電話番号 044-520-5241­
担当者 ロボット・AI部 宮本、山中、永松