本文へジャンプ

「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」に関する事前説明会・個別相談会の開催

平成27年12月17日
情報を更新しました
平成28年1月13日 川崎会場 平成28年1月15日(金)において、50名から70名に変更しました。

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」の公募を例年3月頃と8月頃に実施しております。

28年度第1回公募に先立ち、本プログラムの制度概要及び提案書の要点を解説する「事前説明会」、個別の案件のご相談に応じる「個別相談会」を開催します。今回は、実際の提案書作成に向けて、本プログラムの主旨を理解して頂くと共に、それに合致する提案書の書き方、研究開発計画の策定に向けた考え方を中心に説明致します。更に、具体的な案件をお持ちの方、提案に向けて準備を進めておられる方を対象とした個別相談を実施、より良い提案書作成をサポート致します。

本説明会への出席は応募の必須条件ではありませんが、具体的な提案をお持ちの方で本プログラムに提案を考えておられる方は是非ご参加ください。また、「説明会」のみの参加も可能です。

個別相談にあたっては、提案の概要を記載する書式を準備しました。ご活用ください。

  • 本書式を使用することは必須ではありません。提案書のドラフトや、その他提案の概要がわかる資料をご用意ください。

本事業は、平成28年度の政府予算に基づき実施するため、政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画、概算払の時期などを変更する場合があります。

事業内容

(1)「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」の概要(27年度実施内容)

本事業は、我が国における省エネルギー型経済社会の構築および産業競争力の強化に寄与することを目的としています。現行の「省エネルギー技術戦略」で掲げる「重要技術」、および「特定技術開発課題」を中心に、 高い省エネルギー効果が見込まれる技術開発を対象として助成します。

(2)各フェーズの概要・年間事業上限額

  • ○インキュベーション研究開発フェーズ(1年以内)
         年間事業上限額:2千万円程度/件・年 (NEDO助成率:2/3以内)
  • ○実用化開発フェーズ(原則2年又は3年)
         年間事業上限額:3億円程度/件・年 (NEDO助成率:2/3以内)
  • ○実証開発フェーズ(原則2年又は3年)
         年間事業上限額:10億円程度/件・年 (NEDO助成率:1/2以内)

(注)各フェーズを組み合わせて応募することも可能。但し、インキュベーション研究開発フェーズのみの応募は不可。

説明会・個別相談会

説明会・相談会の日時、開催場所、及び参加申込方法は下記のとおりです。

なお、当日は、公募概要及び提案書説明30分、個別相談1時間程度を予定しています。

会場 開催日 定員 時間 場所
大阪会場 平成28年1月13日(水) 40名 受付:13時15分~

13時30分~15時00分
〒553-0003 
大阪府大阪市福島区福島5-4-21 TKPゲートタワービル  TKPガーデンシティ大阪梅田 9A
名古屋会場 平成28年1月14日(木) 40名 受付:13時15分~

13時30分~15時00分
〒450-0002 
名古屋市中村区名駅三丁目15番1号 名古屋ダイヤビルディング1号館 3F 131会議室
川崎会場 平成28年1月15日(金) 70名 受付:13時40分~

14時00分~17時00分
〒212-8554
神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20 川崎市産業振興会館 9F
第3研修室
  • 一部の会場では他のNEDO事業の説明会と同時開催する場合があります。

参加申込方法:本欄下の「申し込みはこちらから」ボタンをクリックし、参加申込ページより行ってください。定員に達しない限り当日参加も可能ですが、会場準備の都合上なるべく事前参加申込をお願いします。なお、個別の相談は本説明会時以外でも随時受け付けております。詳細は事務局へお問い合わせください。

事前参加申込および説明会会場でご登録いただいた氏名等の個人情報は、出欠の確認、事務局からのご連絡(アンケート調査等)以外の目的で利用することはありません(ただし、法令等により提供を求められた場合を除きます)。

連絡先

担当部 省エネルギー部 「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」事務局
E-mail shouene@ml.nedo.go.jp

資料

空席状況はこちら
Word Viewerを入手する