本文へジャンプ

「SEMICON Japan 2015」への出展

平成27年12月8日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「IoT/CPSに貢献する電子デバイス」をテーマにSEMICON Japan 2015に出展します。IoT社会の主要なテクノロジーとなる各種次世代インターフェースや3次元実装技術などのIT・エレクトロニクス分野の最新研究開発成果、そしてその実用化事例を中心に展示、紹介します。

展示概要

IoT※1社会の到来は、新たなビジネスチャンスを創出するとともに、さまざまな技術課題を浮き彫りにしています。

全てのモノがネットにつながる世界、新しい社会インフラ、次々に生み出されるサービス、これらを実現し次世代社会を実現するためには、その社会を足元から支える革新的なIT・エレクトロニクス技術の活用が不可欠です。

SEMICON Japanは世界を代表するマイクロエレクトロニクス製造サプライチェーンの国際展示会であり、情報社会を支える半導体関連分野では特にビジネスマッチングにおいて実績を有しています。

本展示会では、「IoT/CPS※2に貢献するNEDOの電子デバイス・プロジェクト」をテーマに、IT・エレクトロニクス分野における最新研究開発成果やその実用化事例を中心に展示を行い、NEDOの研究開発成果の活用促進を目的としています。

将来的な市場規模が300兆円以上とも試算されるIoT社会の中で、新しい可能性に挑戦するNEDOの姿をぜひご覧ください。

※1 IoT(Internet of Things)
IT関連機器以外の電子機器がインターネットに接続可能となること。全く新しい市場やサービスを生み出す次世代の技術として期待されている。
※2 CPS(Cyber Physical Systems)
IoTをより効果的に実現する技術。センサーを介して実世界のデータをネットワーク内に取り込み、適切な処理を行う事で、社会そのものを効率的かつ快適、便利にするシステム。

主な展示物

当日はIoT社会をハード面から支える多くの革新的な技術開発の成果を展示します。展示においては関連技術の開発関係者が各展示の説明を行いますので、技術の内容のみならず、今後のビジネスプランも含め、具体的な検討を進める一助として頂ければ幸いです。

分野 展示タイトル
次世代スマートデバイス 印刷技術が切り拓く、自由発想のフレキシブルデバイス
中温度域熱環境でIoT無線センシング
“クリーン熱電池センシングモジュール”
運転高度化のための次世代スマートデバイス
次世代車載用障害物センシングデバイスを実現する3次元実装評価技術の開発
次世代車載用障害物センシングデバイスを実現する3次元積層技術の開発
積層ICを効率的に開発するための3次元統合設計・検証プラットフォーム
次世代パワーエレクトロニクス SiCの適用拡大で省エネルギーを推進、高出力密度SiCパワーモジュール
省燃費と小型化を実現できるSiC応用技術、超高効率車載電動システム
日本のパワー半導体でエネルギー問題を解決! 次世代パワーモジュールエコシステム
超低消費電力型光エレクトロニクス 回路の光化でIT機器の小型化、省電力化を実現
レーザー産業分野における市場開拓 高速にレーザースキャンができる技術 KTN光スキャナー
可視光半導体レーザーデバイス 青、緑、赤の可視光半導体レーザーで新市場を創出・拡大
最先端可視光半導体レーザーデバイス応用

開催概要

名称:
SEMICON Japan 2015
日時:
2015年12月16日(水)~12月18日(金)10時00分~17時00分
場所:
東京ビッグサイト
NEDOブース小間番号:東4ホール

連絡先

電話番号 044-520-5211
担当者 NEDO 電子・材料・ナノテクノロジー部 間瀬、遠藤