本文へジャンプ

「nano tech 2016」への出展

平成28年1月8日
情報を更新しました
平成28年1月25日 1件(A4)の資料を追加公開しました。
平成28年1月19日 2件(C1,C3)の資料を追加公開しました。
平成28年1月15日 1件(D2)の資料を追加公開しました。
平成28年1月13日 15件(A1,A9,A11,A12,C6,E1,E2,E3,E4,E6,F3,F6,F7,G1,G2)の資料を追加公開しました。

※下記をクリックしてください。詳細をご覧いただくことができます。

概要

NEDOは、1月27日から29日に東京ビッグサイトで開催される「nano tech 2016」に出展し、これまでのプロジェクト成果によるビジネスマッチングと、現在実施中のプロジェクト成果の紹介を目的として、ナノ炭素材料等の新素材とその応用技術やプリンテッドエレクトロニクス等の新製造技術など、42テーマ、約120点の展示物を公開する他、NEDOの最新の公募情報や制度を紹介します。

また、会場内メインシアターでは、ナノ炭素材料開発のセミナーを開催し、プロジェクトの概要や、または応用製品の技術ロードマップ、代表的な研究開発成果事例(世界初のスーパーグロースカーボンナノチューブの量産、シースルーフレキシブル有機薄膜太陽電池)を紹介します。

展示詳細

多くの革新的な技術開発の成果を、7つのコーナーに分けて展示します。各展示資料を掲載します。

ナノカーボン プリンテッドエレクトロニクス バイオプラスチック 構造材料 部材(医療・環境) 電子デバイス機器 製造・加工技術
*各アイコンをクリックすると、該当項目へジャンプします。

「ナノカーボン」タイトル

プロジェクト名 番号 出展テーマ 出展者名 資料
低炭素社会を実現するナノ炭素材料実用化プロジェクト A1 NEDOのナノ炭素材料開発
革新的複合材料や電子材料の実現
NEDO pdf
(394KB)
A2 世界初、2015年度スーパーグロースカーボンナノチューブ量産工場が稼働開始 日本ゼオン(株) pdf
(401B)
A3 ナノ炭素材料の自主安全管理を支援
評価技術の開発と情報の発信
技術研究組合単層CNT融合新材料研究開発機構(TASC) pdf
(545KB)
A4 カーボンナノチューブの分散評価技術で広げる革新的応用材料 技術研究組合単層CNT融合新材料研究開発機構(TASC) pdf
(1.02MB)
A5 高品質グラフェン(原子層膜・多層膜・集積膜)の実用化推進 技術研究組合単層CNT融合新材料研究開発機構(TASC) pdf
(1.06MB)
A6 フッ素樹脂にカーボンナノチューブを添加した半導体製造装置向け新材
料の製造プロセス
大陽日酸(株) pdf
(453KB)
A7 透明導電膜向けカーボンナノチューブ分散技術を無機材料で実現 富士化学(株) pdf
(521KB)
A8 界面化学制御した過酷用途向けカーボンナノチューブ複合ゴム材料 日信工業(株) pdf
(391KB)
A9 カーボンナノチューブの本来性能を発現させる超高分散量産法 (株)GSIクレオス pdf
(1.15MB)
A10 水素を活用した単層カーボンナノチューブ「MEIJO eDIPS」の量産工業化へ向けた開発 (株)名城ナノカーボン pdf
(218KB)
A11 ナノ炭素材料の活用によるシースルー・フレキシブル高効率有機薄膜太陽電池 三菱化学(株) pdf
(501KB)
A12 GHz帯域に対応した電磁波遮蔽材料の実用化 パナソニック(株) pdf
(589KB)
ナノテク・先端部材実用化研究開発(ナノテクチャレンジ) /カーボンオニオンの高面圧下超低摩擦の発現を応用した難加工における塩素フリー化 A13 オニオンライクカーボン添加によるオイル長寿命化の実現 神港精機(株)、(株)ティサポート pdf
(502KB)

「プリンテッドエレクトロニクス」タイトル

プロジェクト名 番号 出展テーマ 出展者名 資料
次世代プリンテッドエレクトロニクス材料・プロセス基盤技術開発 B1 NEDOのプリンテッドエレクトロニクス開発
刷技術を用いたフレキシブルTFTとそれを用いた電子ペーパー、圧力センサシート
NEDO pdf
(289KB)
B2 印刷技術が切り拓く自由発想のフレキシブルデバイス 次世代プリンテッドエレクトロニクス技術研究組合(JAPERA) pdf
(277KB)
B3 スポーツ、ヘルスケアに活用する大面積圧力センサシート 大日本印刷(株) pdf
(381KB)
B4 印刷テクノロジーが実現する軽くて柔らかい電子ペーパー 凸版印刷(株) pdf
(253KB)
B5 エレクトロクロミックインク技術で、明るく色鮮やかな電子カラーリングデバイス (株)リコー pdf
(390KB)

「バイオプラスチック」タイトル

プロジェクト名 番号 出展テーマ 出展者名 資料
非可食性植物由来化学品製造プロセス技術開発 C1 NEDOのバイオプラスチック開発
続可能な低炭素社会の実現に向けて草木からプラスチック
NEDO pdf
(264K)
C2 リグノセルロースナノファイバーによる次世代構造部材のための材料開発 京都大学、王子ホールディングス(株)、日本製紙(株)、星光PMC(株)、(地独)京都市産業技術研究所 pdf
(475KB)
C3 木材三成分を高付加価値材料へ変える、一貫製造プロセス開発 日本製紙(株)、東京大学、京都大学、国立研究開発法人森林総合研究所、国立研究開発法人産業技術総合研究所、宇部興産(株)、ユニチカ(株)、東レ(株)、三井化学(株)、新潟バイオリサーチパーク(株) 、新潟薬科大、旭硝子(株)、三菱化学(株) 、日本化薬(株)、住友ベークライト(株)、大陽日酸(株)、日本化学機械製造(株)、帝人(株) pdf
(363KB)
C4 木質バイオマス由来のフルフラールを用いたポリウレタン原料化学品の製造技術開発 三菱化学(株)、王子ホールディングス(株) pdf
(348KB)
C5 自動車、医療、スポーツ用に、非可食性バイオマスから耐衝撃性複合材 日立造船(株) pdf
(492MB)
ナノテク・先端部材実用化研究開発(ナノテクチャレンジ) /セルロースシングルナノファイバーを用いた環境対応型高機能包装部材の実用化技術開発 C6 セルロースシングルナノファイバーを用いて環境に優しい包装部材及び各種産業用部材 日本製紙(株) pdf
(376KB)

「構造材」タイトル

プロジェクト名 番号 出展テーマ 出展者名 資料
革新的新構造材料等研究開発 D1 NEDOの構造材料開発
量構造材料で自動車の燃費を改善
NEDO pdf
(376KB)
D2 省エネで生産性の高い革新炭素繊維の製造プロセスのイノベーション 東京大学 pdf
(551KB)

「部材(医療・環境)」タイトル

プロジェクト名 番号 出展テーマ 出展者名 資料
ナノテク・先端部材実用化研究開発(ナノテクチャレンジ) /虚血下肢の切断回避を実現する細胞移植用ナノスキャフォールドの開発 E1 細胞移植治療における治療効果3倍を実現する細胞担体材料 (株)ソフセラ pdf
(624KB)
ナノテク・先端部材実用化研究開発(ナノテクチャレンジ) /非対称ナノハニカム構造を持つ高機能癒着防止膜とその自己組織化製造プロセスの開発 E2 新しい医療用材料への応用を目指したハニカム構造を持つ高機能多孔質膜 富士フイルム(株) pdf
(616KB)
先端機能発現型新構造繊維部材基盤技術の開発 E3 ナノファイバーの用途を発展・拡大させる大量生産技術の開発 東京工業大学、パナソニック ファクトリーソリューションズ(株) pdf
(582KB)
革新的マイクロ反応場利用部材技術開発/マイクロリアクター技術、ナノ空孔技術および協奏的反応場技術を利用したプラント技術の開発PJ E4 医薬品合成を志向した環境負荷低減型工業触媒 エヌ・イー ケムキャット(株) pdf
(1.05MB)
希少金属代替省エネ材料開発プロジェクト/排ガス浄化用触媒の白金族使用量低減代替技術の開発 E5 白金使用量低減を実現する自動車用排ガス浄化助触媒 (株)ノリタケカンパニーリミテド pdf
(841KB)
グリーン・サステイナブルケミカルプロセス基盤技術開発/副生ガス高効率分離・精製プロセス基盤技術開発 E6 アルデヒドガスを容易に吸脱着、リサイクルできるアルデヒド除去材 東洋紡(株) pdf
(560KB)

「電子デバイス・機械」タイトル

プロジェクト名 番号 出展テーマ 出展者名 資料
ナノテク・先端部材実用化研究開発(ナノテクチャレンジ) /形状制御されたアルミナナノ粒子ゾルの実生産のための基盤技術の確立と用途開発 F1 密着性、熱安定性、バリア性に優れたアルミナナノ粒子の量産化確立と機能性部材開発 川研ファインケミカル(株) pdf
(1.07MB)
ナノテク・先端部材実用化研究開発(ナノテクチャレンジ) /超高性能ポリマー・エレクトレットを用いた振動型発電システムの開発PJ F2 公共構造物、設備機械、身体のヘルスモニタリング用、世界最小サイズの振動発電デバイス オムロン(株)、旭硝子(株) pdf
(468KB)
ナノテク・先端部材実用化研究開発(ナノテクチャレンジ) /
ノ薄膜技術を応用したロボットのための集積多軸触覚センサの開発
F3 ロボットとの共存を実現する、ロボットに人間並みの触覚を与える超小型センサ 立命館大学、新潟大学、大阪大学、(株)コガネイ pdf
(656KB)
希少金属代替省エネ材料開発プロジェクト/Eu、Ce、Y不使用型Ag含有ゼオライト蛍光体の開発とその利用に関する研究 F4 レアアースを全く含まない蛍光体として三原色の発光を実現、銀含有ゼオライト レンゴー(株) pdf
(463KB)
希少金属代替省エネ材料開発プロジェクト/太陽電池用波長変換材料としてのイットリウム、ユーロピウム低減蛍光体の実用化開発 F5 太陽電池の発電効率を向上させる、低屈折率な蛍光シリカの波長変換新材料 堺化学工業(株) pdf
(1.62MB)
戦略的省エネルギー技術革新プログラム/革新的高性能有機トランジスタを用いたプラスティック電子タグの開発 F6 物流管理やヘルスケア用、低コスト塗布有機デバイスによるデジタル温度計測と無線タグの開発 東京大学、大阪府立産業技術総合研究所、富士フイルム(株)、JNC(株)、トッパン・フォームズ(株)、田中貴金属工業(株)、日本エレクトロプレイティング・エンジニヤース(株)、(株)デンソー、パイクリスタル(株) pdf
(533KB)
新エネルギーベンチャー技術革新事業/カーボンナノファイバーを用いたリチウムイオン二次電池用導電助剤の実用化研究開発 F7 急速充放電に優れたリチウムイオン電池向け導電補助材用サブミクロン炭素繊維 テックワン(株) pdf
(1.61MB)

「製造・加工技術」タイトル

プロジェクト名 番号 出展テーマ 出展者名 資料
希少金属代替省エネ材料開発プロジェクト/4BODY研磨技術の概念を活用したセリウム使用量低減技術の開発 G1 砥粒を有効に使用することで、研磨時間と砥粒使用量を低減する高性能研磨工具 立命館大学、(株)、(株)クリスタル工学、九重電気(株) pdf
(1.52MBMB)
エネルギー・環境新技術先導プログラム/フェムトリアクター化学プロセスの研究開発 G2 ナノ粒子を自在に合成するフェムトリアクターの開発 国立研究開発法人産業技術総合研究所、日華化学(株)、アピックヤマダ(株) pdf
(341KB)
戦略的省エネルギー技術革新プログラム/次世代スマートプロセッシング用省エネ超短パルスレーザーシステムの開発 G3 超短パルスレーザーによる高精度ナノ・マイクロプロセッシング サイバーレーザー(株) pdf
(499KB)

セミナー

会場内メインシアターで開催するセミナーを紹介します。

【1】「NEDOのナノ炭素材料開発」

日時:
2016年1月28日(木) 15時00分~16時45分
会場:
展示会場内 メインシアター
内容:
「低炭素社会を実現するナノ炭素材料実用化プロジェクト」事業の概要、応用製品創出を加速するために策定した技術ロードマップの紹介に加え、代表的な研究開発成果事例2つ(スーパーグロースカーボンナノチューブの量産、シースルーフレキシブル有機薄膜太陽電池)を紹介いたします。
傍聴方法:
お席は当日席のみの先着順となります。
NEDO 電子・材料・ナノテクノロジー部 部長 山崎 知巳 「開会挨拶」
NEDO 電子・材料・ナノテクノロジー部 部長 山崎 知巳
産業技術総合研究所 ナノチューブ実用化研究センター 首席研究員 湯村 守雄 「低炭素社会を実現するナノ炭素材料実用化プロジェクト -ナノカーボンの産業化を目指して」
産業技術総合研究所 ナノチューブ実用化研究センター 首席研究員 湯村 守雄(プロジェクトリーダー)
NEDO 電子・材料・ナノテクノロジー部 主査 小久保 研 「ナノ炭素材料応用製品技術ロードマップの紹介」
NEDO 電子・材料・ナノテクノロジー部 主査 小久保 研(プロジェクトマネージャー)
日本ゼオン 総合開発センターCNT研究所 所長 上島 貢 「スーパーグロースカーボンナノチューブ産業応用に向けた取り組み」
日本ゼオン 総合開発センターCNT研究所 所長 上島 貢
三菱化学 情報電子本部OPV事業推進室 理事 室長 山岡 弘明 「シースルーフレキシブル有機薄膜太陽電池の開発と今後の展開」
三菱化学 情報電子本部OPV事業推進室 理事 室長 山岡 弘明

【2】その他

主催者企画内のNEDO関連講演

特別シンポジウム "Nanotech Agenda 2020"(1月27日(水) 10時00分~13時00分

京都大学 生存圏研究所 教授 矢野 浩之 「セルロースナノファイバーの可能性 未来の車は植物で創る」
京都大学 生存圏研究所 教授 矢野 浩之

グラフェンスペシャル 次世代カーボン素材の最新状況(1月27日(水) 14時00分~17時00分)

産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門 グループ長/TASCグラフェン事業部プロジェクト 本部長 長谷川 雅考 「工業利用に向けたグラフェンの開発」
産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門 グループ長/TASCグラフェン事業部プロジェクト 本部長 長谷川 雅考
NEDO 電子・材料・ナノテクノロジー部 主査 小久保 研 「NEDOナノ炭素材料実用化プロジェクトの紹介」
NEDO 電子・材料・ナノテクノロジー部 主査 小久保 研(プロジェクトマネージャー)

同時開催展示会情報

NEDOは東京ビッグサイトで同時開催の「InterAqua 2016」にも出展します。

NEDOが推進する排水処理技術、海水淡水化技術の国際展開や、発電型排水処理などの先端技術開発、成果の普及事例等の展示を行い、循環型・省エネルギー型の水利用実現に向けたNEDOの取り組みを紹介します。

名称: 
InterAqua 2016
日時: 
2016年1月27日(水)~1月29日(金)10時00分~17時00分

会場(NEDOブース小間番号):東1ホール 1B-09

連絡先

担当者 電子・材料・ナノテクノロジー部 藤本、遠藤
電話番号 044-520-5210­