本文へジャンプ

「新たな視点を踏まえた医療機器・システム開発の方向性についてのワークショップ」の開催

平成25年6月6日
情報を更新しました
平成25年6月19日 会場定員に達したため、申し込みを締め切らせていただきました。多数のお申し込みをありがとうございます。

現在、日本では成長戦略に掲げられるとおり、健康長寿社会の実現に向けて革新的な医療技術・医療機器の開発が求められています。ナショナルプロジェクトの中核的実施機関であるNEDOにおいても、国の政策に基づく医療機器・システムの開発を進めると同時に、大学等の技術シーズや臨床現場・企業のニーズをベースに、当該分野の更なる競争力強化に向けた具体案を策定し、これを政策当局に提供することを目指しています。
 そのような中、昨年度NEDOでは、「医療機器産業界の政策的課題解決に資する技術開発関連の今後の方向性に関する調査」を実施し、今後の医療機器・システム開発の方向性に関して具体的なプロジェクトの素案をまとめたところです。
 そこで、今回、その素案を具体的なプロジェクト提案へと深化させるため、産・学、医・工を問わず、様々な切り口で意見交換・議論を行うことでプロジェクト案に磨きをかけるべく、ワークショップを開催する運びとなりました。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

1. 開催日時

平成25年6月22日(土)13時00分~16時00分

2. 開催場所

NEDO分室
〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル12階

3. プログラム

講演内容 講演者

1. 開会挨拶(5分)

NEDO バイオテクノロジー・医療技術部 部長 森田 弘一

2. 来賓挨拶(5分)

経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課
医療・福祉機器産業室 室長 覚道 崇文 氏

3. 医療機器産業の更なる活性化への期待(30分)

公益財団法人医療機器センター 理事長 菊地 眞 氏

4. 医療機器・システム開発へのNEDOの取り組み(10分)

NEDOバイオテクノロジー・医療技術部 主査 阪本 剛

5. 委員会からの提案(質疑5分込み)

 

5.1 心疾患プロジェクト(20分)

岡山大学 医学部 教授 成瀬 恵治 氏

5.2 脳疾患プロジェクト(10分)

東京労災病院 脳神経外科 部長 氏家 弘 氏

(20分)

慶応義塾大学 医学部 リハビリテーション医学教室 教授 里宇 明元 氏

5.3 代謝疾患プロジェクト(15分)

代謝疾患委員会

5.4 がんプロジェクト(20分)

神戸大学 医学部附属病院 放射線腫瘍科 特命教授 佐々木 良平 氏

(15分)

東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 教授 村垣 善浩 氏

6. 総合討論(25分)

 

7. 今後の取り進め・閉会挨拶(10分)

NEDO バイオテクノロジー・医療技術部 統括研究員 弓取 修二

4. 参加費

無料

5. 参加申し込み方法

会場定員に達したため、申し込みを締め切らせていただきました。多数のお申し込みをありがとうございます。

連絡先

電話番号 044-520-5231
FAX番号 044-520-5233
担当者 バイオテクノロジー・医療技術部 医療技術・機器デバイスグループ
阪本、田村