本文へジャンプ

「水素先端世界フォーラム2016」のご案内

平成28年1月25日

世界の第一線研究者や産業人などオピニオンリーダーが一堂に会する「水素先端世界フォーラム2016」が2月3日(水)・4日(木)、九州大学にて開催されます。 第10回目となる今回は、世界的な視野から今後の水素エネルギー普及に向けた戦略や、その実現に向けた研究開発の成果と今後の課題などが広く発信される予定です。 なお、参加費は無料です。

本フォーラムは、水素ビジネス・水素エネルギー研究に関する世界最先端の情報を入手する絶好の機会です。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

プログラム概要

2月3日(水)

水素先端世界フォーラム2016

時間 内容
開会
13時00分~13時25分 九州大学、福岡県
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
経済産業省
講演
13時30分~13時55分

「水素社会の幕開け」
経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部
燃料電池推進室 室長 戸邉 千広 氏

14時00分~14時25分

「ホンダの燃料電池自動車開発と水素社会に向けて」
株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター
第5技術開発室 上席研究員 守谷 隆史 氏

14時30分~14時55分

Hydrogen Energy & Intelligent Energy
Intelligent Energy Ltdb
CEO Dr. Henri Winand

14時55分~15時05分 休憩
15時05分~15時30分

「CO2フリー水素サプライチェーン実現への取り組み」
川崎重工業株式会社 技術開発本部 水素チェーン開発センター
副センター長・理事 工学博士 西村 元彦 氏

15時35分~16時00分

「Hydrogen Energy: Challenges and Perspectives」(Temporary)
Air Liquide - Advanced Business and Technologies
Director, Hydrogen Energy Market Group Mr. Erwin Penfornis

16時05分~16時30分

「水素社会へ向けた次世代大型燃料電池SOFCの展開」
三菱日立パワーシステムズ株式会社
燃料電池事業室長 北川 雄一郎 氏

16時35分~17時00分

「エネファームへの普及取組と将来の水素社会に向けて」
東芝燃料電池システム株式会社
技術顧問 永田 裕二 氏

17時05分~17時30分

「水素社会実現に向けた九大水素拠点の更なる挑戦」
NEXT-FC センター長 佐々木 一成 氏

「HYDROGENIUS Today and tommorow」
HYDROGENIUS センター長 杉村 丈一 氏

17時40分~19時00分

レセプション
※レセプション費用3,000円

2月4日(木)

HYDROGENIUS研究シンポジウム

  • 金属材料研究部門
  • 高分子材料研究部門
  • トライボロジー研究部門
  • 物性研究部門

主催等

【主催】

国立大学法人 九州大学 水素材料先端科学研究センター

【共催】

福岡水素エネルギー戦略会議
福岡県
国立大学法人 九州大学 水素エネルギー国際研究センター
国立大学法人 九州大学 次世代燃料電池産学連携研究センター

【後援】

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 他

お申込み・お問い合わせ

<フォーラム運営事務局/水素材料先端科学研究センター>

  • 各カテゴリーとも、定員に達した時点で受付を終了いたします。