本文へジャンプ

「CEATEC JAPAN 2016」への出展

平成28年9月23日
情報を更新しました
平成28年9月30日 「NEDOブース 出展概要」の項目を追加しました。

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、10月4日(火)から10月7日(金)まで幕張メッセで開催されるCEATEC JAPAN 2016に以下テーマで出展します。

NEDOの技術で支える未来のIoT社会

  • CEATEC JAPAN 2016 イメージ画像

世界では、ものづくり分野を中心に、ネットワークやIoTを活用していく取り組みが打ち出されています。日本では、ものづくりだけでなく様々な分野に広げ、経済成長や健康長寿社会の形成、さらには社会変革に繋げ、サイバー空間とフィジカル空間が高度に融合した「超スマート社会」を未来の姿として位置付けています。

2016年度から新たに「IoT推進部」を設置したNEDOは、「超スマート社会」の実現を強力に後押しすべく、多くのIoT関連研究開発プロジェクトに取り組んでいます。今年のNEDOブースでは、「NEDOの技術で支える未来のIoT社会」をテーマに、「超スマート社会」の基盤となるテーマの中から、「新たなものづくり」「地域包括ケア」「高度道路交通」「おもてなし」の4つにフォーカスし、デバイス技術、ソフトウェア技術、IoTアプリケーション事例など関連プロジェクトの成果の一部を展示します。また、NEDOブースへの来場者に対し、ツアー形式で展示内容を案内する「NEDOブースツアー」を実施します。

これらを通じて、NEDOが未来のIoT社会の実現に向けて挑戦している姿とともにNEDOの最新研究開発成果を分かりやすく情報発信します。

開催概要

CEATEC JAPAN 2016
2016年10月4日(火)~10月7日(金) 各日10時00分~17時00分
幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
NEDOブース小間番号: ホール4 4P22
一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)
一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)
一般社団法人 コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
全来場者登録入場制
当日登録: 入場料 一般1,000円・学生500円
(学生20名以上の団体および小学生以下は入場無料)
Web事前登録・招待券持参による当日登録: 入場無料
入場者数:
約130,000名(2015年度実績)

NEDOブース 出展概要

「新たなものづくり」「地域包括ケア」「高度道路交通」「おもてなし」をテーマにNEDOが取り組んでいるプロジェクトの研究開発成果の一部をパネル、展示、デモ等を通じて紹介します。

◆新たなものづくり
出展者及び出展概要 出展イメージ

次世代プリンテッドエレクトロニクス技術研究組合(JAPERA)

作製したフレキシブル感圧センサシートの応用例として、入力デバイスや無線データ伝送と組合せた物品管理システムを紹介します。

どこでもノータッチで商品を即データ化できる圧力センサ

img01

技術研究組合光電子融合基盤技術研究所(PETRA)

大規模LSI(CPU、FPGAなど)間の大容量化伝送に向けた基盤技術、実装技術を開発し、光ファイバでの300m 伝送デモを紹介します。

回路の光化でIT 機器の小型化、省電力化を実現

img02

東京大学、ソニーセミコンダクタソリューションズ(株)、日産自動車(株)、(株)エクスビジョン

構造化照明方式による高精度な形状計測を高速に実行し、物体形状の3Dデータ化を従来比3倍の速度で瞬時に行うCMOSイメージセンサを紹介します。

高速CMOS イメージセンサで物体形状を瞬時に3D データ化

img03

産業技術総合研究所

中小・ベンチャー・ファブレス企業等のIoT産業参入を後押しするIoTデバイス開発拠点について紹介します。

低消費電力性・小型・セキュア性・超並列等の特徴を持ったIoTデバイスの開発を強力に推進します。

IoTデバイスのアイデアを形にできる拠点を構築

img04

九州工業大学、SCSK九州(株)、有明工業高等専門学校

センサーやBLE(Bluetooth Low Energy)等のネットワークモジュールが搭載された独自開発のドーターボードを用い、アイデアを素早く実現するIoTフレームワークを紹介します。

すぐに始めたいIoT アイデアを形に!IoTフレームワーク

img05
◆地域包括ケア
出展者及び出展概要 出展イメージ

大阪大学、(株)島津製作所、(株)本田技術研究所、(株)QDレーザ

フレーム内側に配置された投射部から、装着者の網膜に微弱な光を直接投影することにより、視力やピント位置の影響を受けにくいフリーフォーカス(ピント合わせ不要)なレーザーアイウェアを紹介します。

網膜走査型レーザーアイウェア技術

img06

(株)メガチップス、大阪大学

階層化した画像の一部のみをIoT端末(目)からエッジゲートウエイ側(脳)に転送し、エッジゲートウエイ側で画像認識を行う符号化技術を使ったIoTアプリ応用例を紹介します。

階層画像符号化で新たなIoT アプリへ

img07
◆高度道路交通
出展者及び出展概要 出展イメージ

イーソル(株)、名古屋大学、立命館大学、(株)ティアフォー

商用で世界初となるシングルコアから100コア以上のメニーコアプロセッサまでをサポートするイーソルのリアルタイムOS 「eMCOS」を拡張し、市街地等の複雑な環境を想定した自動運転システムを紹介します。

複雑な走行環境での自動運転を可能とするメニーコアOS

img08
◆おもてなし
出展者及び出展概要 出展イメージ

リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ(株)、(株)日立製作所、(株)サイバー創研

室内照明などの微小な環境エネルギー(従来比1/500程度の明るさ)のみで動作するメンテナンスフリーのビーコンインフラにより、屋内外をシームレスに誘導できるヒューマンナビゲーションを紹介します。

ヒューマンナビを実現するメンテナンスフリービーコンインフラ

img09

(株)Liquid

画像解析やビックデータ解析、人工知能を組み合わせ、生体情報のみで本人証明(本人認証)・決済できる仕組みを紹介します。

訪日観光客の滞在快適性向上おもてなしプロジェクト

img10

北海道大学、(株)ニューチャーネットワークス

人々の健康管理に活用できる生体・環境・行動等の情報を個人の「資産」として位置づけ、自らの意思で流通・活用させる仕組みを紹介します。

個人の意思でヘルスケアデータを一括管理する社会を実現

img11

連絡先

電話番号 044-520-5211
FAX番号 044-520-5212
担当者 IoT推進部 大杉、中島