本文へジャンプ

「SIP/重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保 シンポジウム2017」の開催

~世界で最も安心・安全な社会基盤の確立を目指して~
平成29年9月12日

近年、サイバー攻撃の脅威は切実な問題であり、ますます深刻化しております。その矛先も通信・放送、エネルギー、交通などの社会を支える重要インフラに向けられ始めています。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を迎える日本にとって、強固なサイバーセキュリティの確保による世界で最も安心・安全な社会基盤の確立は必達の課題となっています。

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保」では、重要インフラの安定運用を担う制御・通信機器と制御ネットワークのセキュリティ対策技術の研究開発、社会実装に向けた共通プラットフォームの実現とサイバーセキュリティに関する人材育成を行います。

NEDOは、10月13日に「SIP/重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保」に関するシンポジウムを内閣府と共同で開催いたします。本シンポジウムでは、「現在行っている研究開発や社会実装に向けた最新成果の紹介」、「サイバーセキュリティに関するインフラ事業者の取組み」、「海外の動向」など国内外の連携の契機となるような講演を予定しています。

さらに展示・ポスターセッションを通して、サイバーセキュリティのコア技術を開発する研究機関、事業者、その技術を実装する社会インフラの企業や機関と議論を行い、重要インフラにおけるサイバーセキュリティ技術の更なる展開を図り、世界で最も安心・安全な社会基盤の確立を目指します。皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時

平成29年10月13日(金) 10時00分~15時00分

開催会場

ベルサール神田 ホール(2F)

〒101-0053東京都千代田区神田美土代町7 住友不動産神田ビル

プログラム

時間 内容
10時00分~10時05分
開会の辞
内閣府 大臣官房審議官 黒田 亮
10時05分~10時10分
プログラムディレクター挨拶
プログラムディレクター 情報セキュリティ大学院大学 学長 後藤 厚宏
10時10分~10時35分
招待講演:「2020年に向けた、東京電力グループのサイバーセキュリティに対する取組み」
東京電力ホールディングス株式会社 常務執行役 関 知道
10時35分~11時00分
招待講演:「グローバル動向と日本への期待」
日本電信電話株式会社 ヘッド、サイバーセキュリティインテグレーション 横浜 信一
11時00分~11時10分
プログラム概要紹介
プログラムディレクター 情報セキュリティ大学院大学 学長 後藤 厚宏
11時10分~11時50分
ライトニングトーク
研究成果、ポスターの見どころ
各テーマリーダー
11時50分~11時55分
R&Dから実用化へ
サブ・プログラムディレクター 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授 手塚 悟
11時55分~13時00分 昼食休憩
13時00分~15時00分 ポスターセッション
デモンストレーション
展示

お申し込み方法

参加費は無料です。

お申し込みは、下記の「申し込みはこちらから」ボタンより、お願い致します。

必ず事前にお申し込みいただきますよう、お願い申し上げます。

お申し込み期限

平成29年10月6日(金) 16時00分

但し、定員(250名)に達し次第、締め切ります。

当日参加できなくなった場合は、同URLからキャンセルして下さい。

連絡先

電話番号 044-520-5211­
担当者 IoT推進部 藤野、小島
空席状況はこちら
Adobe Readerを入手する