本文へジャンプ

「第5回NEDOパワーエレクトロニクスシンポジウム」の開催

平成30年11月9日

パワーエレクトロニクスは、自動車、鉄道車両、産業機器や家電など生活に身近な様々なところに適用され、それらの高性能化や省エネルギー化を支えるキーテクノロジーです。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)では、さらなる高性能化や省エネルギー化を実現する「次世代パワーエレクトロニクス」に関するプロジェクトを推進しております。

本シンポジウムでは、近年、資源制約や環境問題への関心の高まりを背景に、益々の進化・普及が期待されている電気自動車分野とその関連分野、電動化による環境負荷低減・経済性向上が期待される航空機および船舶分野、インフラ整備をはじめ多くの用途で活用される建設機械分野、撮影・輸送・危険区域作業など様々な用途での活用が進むドローン分野、2027年開業に向けて開発・建設が進むリニア中央新幹線、における高性能化や省エネルギー化を通して、必要とされるパワーエレクトロニクス像について議論の場を提供いたします。

また、パワーエレクトロニクス分野に携わる各専門家の講演を行います。そこでは講演者と参加者の意見交換の場を提供いたしますので、ご活用ください。

皆様のご参加をお待ちしています。

開催日時・会場

日時:
平成30年11月22日(木)13時00分~18時00分
会場:
ステーションコンファレンス東京 5F サピアホール
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー TEL 03-6888-8080(代表)

主催等

主催:
モノつくり日本会議/日刊工業新聞社
共催:
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

プログラム

時間 内容
13時00分~13時5分
■開会挨拶
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 IoT推進部長
安田 篤 氏
13時05分~13時35分
■講演 「EV(電気自動車)における日産自動車の取組みとパワーエレクトロニクスへの期待」
日産自動車 パワートレイン・EV技術開発本部 アライアンスグローバルダイレクター 鳥海 真樹 氏
13時35分~14時05分
■講演 「走行中給電に対応した第2世代ワイヤレスインホイールモータの開発」
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 准教授
藤本 博志 氏
14時05分~14時35分
■講演 「電動化が切り開く航空の未来」
独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA) エミッションフリー航空機技術チーム マネージャー 西沢 啓 氏
14時35分~15時05分
■講演 「建設機械電動化を加速するパワーエレクトロニクス技術」
コマツ 開発本部パワーエレクトロニクス開発センタ モータ開発グループ チーム長 佐藤 憲彦 氏
15時05分~15時35分 休憩 意見交換(パネル展示ブース)
15時35分~16時05分
■講演 「電気推進船でパワエレが負けないために」
東京海洋大学 准教授 木船 弘康 氏
16時05分~16時35分
■講演 「演題未定」
一般社団法人日本ドローンコンソーシアム会長・千葉大学名誉教授
野波 健蔵 氏
16時35分~17時05分
■講演 「超電導リニアと中央新幹線」
東海旅客鉄道株式会社 中央新幹線推進本部リニア開発本部担当部長
北野 淳一 氏
17時05分~17時10分
■閉会挨拶
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 理事 今井 浄 氏
17時10分~18時00分 意見交換 (パネル展示ブース)
  • プログラムは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

お申込み方法

参加費は無料です。

申し込みは、下記公式サイトからお申込み下さい。

定員(250名)に達し次第、締め切ります。

お問い合わせ先

日刊工業新聞社 「モノづくり日本会議事務局」

TEL :03-5644-7608

FAX :03-5644-7209

住所 :〒103-8548 東京都中央区日本橋小網町14-1(住生日本橋小網町ビル 3F)

E-mail :monodzukuri@media.nikkan.co.jp

URL :https://www.cho-monodzukuri.jp/

連絡先

電話番号 044-520-5211­
FAX番号 044-520-5212­
担当者 IoT推進部 岡本、榛葉