本文へジャンプ

「エピゲノム/エピジェネティクス JST・NEDO公開シンポジウム」開催報告・講演要旨集

平成25年5月8日

 NEDOは4月19日(金)に、独立行政法人科学技術振興機構(JST)との共催で「エピゲノム/エピジェネティクス公開シンポジウム」を開催しました。
 本シンポジウムでは、JSTおよびNEDOが支援するプロジェクトの研究者が、エピゲノム/エピジェノティクスの生体内での役割、病気との関わり、さらに医薬品開発への応用に関する研究成果の紹介を行いました。シンポジウム後半では、パネル&フロアディスカッションとして、産学官の有識者が、本分野の発展に向けてアカデミア、産業界、政府はそれぞれ何をすべきかについて討論しました。
 当日の参加者は、民間企業、大学、研究機関等から総勢296名、会場では立ち見が出るほどの盛況で、本分野への関心の高さが伺われます。当日会場で配布した講演要旨集を掲載したので、是非ご覧ください。