本文へジャンプ

「NEDO TSC・JST LCS共催ワークショップ」発表資料

―再生可能エネルギーのコスト構造と低減に向けた方策―
平成28年3月3日

NEDO技術戦略研究センター(NEDO TSC)と国立研究開発法人科学技術振興機構 低炭素社会戦略センター(JST LCS)は平成28年2月4日(木)にJST東京本部別館(K’s 五番町)1階ホールにて「NEDO TSC・JST LCS共催ワークショップ」を開催しました。本ワークショップでは、太陽光発電及びバイオマス利用技術を中心にコスト構造やコストに影響を与える要因等の研究成果を、TSC及びLCSから紹介するとともにコスト低減に向けた方策等について討議しました。

御来場いただきました皆様にこの場を借りて御礼申し上げるとともに、当日の資料を掲載いたします。

日時・場所

日時:
平成28年2月4日 14時00分~16時30分
場所:
JST東京本部別館(K’s 五番町)1階ホール

資料一覧

開会挨拶 資料

国立研究開発法人科学技術振興機構 低炭素社会戦略センター
副センター長 山田 興一

オープニング 資料
NEDO技術戦略研究センターの紹介

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
技術戦略研究センター長 川合 知二

pdf
(1.2MB)
JST LCSの概要

国立研究開発法人科学技術振興機構 低炭素社会戦略センター
副センター長 山田 興一

pdf
(617KB)
プレゼンテーション(1)太陽光発電技術 資料
太陽光発電技術の現状と課題
―発電コストに影響を与える要素の整理―

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
技術戦略研究センター 再生可能エネルギーユニット
研究員 米倉 秀徳

pdf
(1.4MB)
定量的技術シナリオの有用性

国立研究開発法人科学技術振興機構 低炭素社会戦略センター
研究員 井上 智弘

pdf
(733KB)
プレゼンテーション(2)バイオマス利用技術 資料
液体バイオ燃料製造の現状と課題
―液体バイオ燃料の経済性分析―

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
技術戦略研究センター 再生可能エネルギーユニット
ユニット長 矢部 彰

pdf
(1.6MB)
木質バイオマスのコスト低減
―林業素材生産コストの機械化推進による低減効果―

国立研究開発法人科学技術振興機構 低炭素社会戦略センター
主任研究員 浅田 龍造

pdf
(615KB)
パネルディスカッション 資料
<テーマ>

太陽光発電及びバイオマス利用技術を中心としたコスト構造と低減に向けた方策

<モデレータ> 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
技術戦略研究センター 再生可能エネルギーユニット
統括研究員 渡邊 重信
<パネリスト> 国立研究開発法人科学技術振興機構
低炭素社会戦略センター
主任研究員 浅田 龍造
国立研究開発法人科学技術振興機構
低炭素社会戦略センター
研究員 井上 智弘
国立研究開発法人科学技術振興機構
低炭素社会戦略センター
上席研究員 三森 輝夫
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
技術戦略研究センター 再生可能エネルギーユニット
ユニット長 矢部 彰
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
技術戦略研究センター 再生可能エネルギーユニット
研究員 米倉 秀徳
閉会挨拶

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
技術戦略研究センター 再生可能エネルギーユニット
ユニット長 矢部 彰

本件に関する問合せ先

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

NEDO技術戦略研究センター

E-mail: tsc-unit[a]ml.nedo.go.jp

  • [a]を @ に変更のうえ、お送りください。