本文へジャンプ

「平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(第3回)」発表資料

平成29年5月24日

NEDOは2月10日、「平成28年度 NEDO『TSC Foresight』セミナー(第3回)」を東京都内で開催しました。

今回のセミナーでは、生物機能を利用した物質生産分野及び無人航空機(UAV)システム分野の最新技術動向や技術課題について、NEDO技術戦略研究センター(TSC)がまとめた技術レポート「TSC Foresight」の概要を紹介するとともに、各界を代表する有識者をお迎えし、技術の最新動向や技術開発の方向性について討議しました。

御来場いただきました皆様にこの場を借りて御礼申し上げるとともに、当日の資料を掲載いたします。

日時・場所

日時:
2017年2月10日(金) 10時00分~17時20分
第1部:10時00分~12時10分
第2部:13時00分~17時20分
会場:
東京国際フォーラム ホールD7

資料一覧

第1部 生物機能を利用した物質生産
<第1部 開会挨拶>
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
技術戦略研究センター長 川合 知二
<第1部 来賓挨拶>
経済産業省 産業技術環境局
審議官 保坂 伸
基調講演・招待講演・TSC Foresight概要説明 ―技術革新によるバイオ産業のさらなる発展に向けて― 資料
基調講演:CRISPRの発見からゲノム編集まで
石野 良純 (国立大学法人九州大学大学院農学研究院 教授)
pdf
(30.6MB)
『TSC Foresight生物機能を利用した物質生産』概要
白井 正人 (NEDO TSC 新領域・融合ユニット ユニット長)
pdf
(1MB)
招待講演:欧州におけるバイオエコノミーの状況
五十嵐 圭日子 (国立大学法人東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授、VTTフィンランド技術研究センター 客員教授)
pdf
(2.7MB)
招待講演:バイオエコノミー実現を牽引する合成バイオ技術:現状と今後の展望
近藤 昭彦 (国立大学法人神戸大学大学院 イノベーション研究科 研究科長)
pdf
(7.5MB)
第2部 無人航空機(UAV)システム
<第2部 開会挨拶>
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
技術戦略研究センター長 川合 知二
<第2部 来賓挨拶>
経済産業省 産業技術環境局 研究開発課
課長 岡田 武
基調講演・招待講演 ―UAVの安全技術― 資料
『TSC Foresight無人航空機(UAV)システム』概要
御代川 知加大 (NEDO TSC 新領域・融合ユニット 主任研究員)
pdf
(853KB)
基調講演:小型無人航空機ドローンの安全な活用に向けて
鈴木 真二 (国立大学法人東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻 教授)
pdf
(2.1MB)
招待講演:ミニサーベイヤーコンソーシアムとそのマルチロータヘリ安全運用への取組み
和田 昭久 (一般社団法人ミニサーベイヤーコンソーシアム 安全管理委員会 委員長、日本電気株式会社 防衛ネットワークシステム事業部 シニアエキスパート)
-
基調講演・招待講演 ―社会に入るUAV― 資料
基調講演:ドローンの最新利活用と今後の展望
野波 健蔵 (国立大学法人千葉大学大学院 工学研究科 人工システム科学専攻 特別教授)
-
招待講演:農業の情報化に貢献するドローンによる農業リモートセンシング&ドローンに関するセキュリティの状況
春原 久徳 (一般社団法人セキュアドローン協議会 会長)
-
招待講演:運行管理システム:目視外飛行の実現に向けて
原田 賢哉 (国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 航空技術部門 航空技術実証研究開発ユニット 研究領域主幹)
pdf
(241KB)
パネルディスカッション 資料
<テーマ>
UAVの今まで、UAVのこれから
<モデレータ> 加藤 晋 (国立研究開発法人産業技術総合研究所 情報・人間工学領域 知能システム研究部門 フィールドロボティクス研究グループ 研究グループ長)
<パネリスト> 金田 賢哉 (本郷飛行機株式会社 代表取締役)
佐部 浩太郎 (エアロセンス株式会社 取締役 CTO)
田内 滋 (株式会社ゼンリン 第二営業推進部 ドローン事業推進課 課長)
横山 勉 (株式会社ヨコヤマ・コーポレーション 代表取締役、TEAD株式会社 代表取締役)
御代川 知加大 (NEDO TSC 新領域・融合ユニット 主任研究員)
閉会
<閉会挨拶>
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川 一夫

本件に関する問合せ先

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

NEDO技術戦略研究センター

E-mail: tsc-unit[a]ml.nedo.go.jp

  • [a]を @ に変更のうえ、お送りください。