エネルギー問題解決に挑む 新エネルギーベンチャー技術革新事業、国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業

業界初! 太陽光パネルの障害を素早く発見し
場所を推定する「SOKODES(ソコデス)」を開発

株式会社システム・ジェイディー

取材:January 2016

開発への道

日本の半導体産業が衰勢に
岐路に立ったベンチャー企業が選んだ道とは

 株式会社システム・ジェイディーは、取締役会長である伊達博さんら半導体技術者が集まり、2002年に設立した九州大学発のベンチャー企業です。半導体検査用のテストプログラムを開発し、半導体メーカーなどに販売してきました。設立当初は、世界市場で日本の半導体が大きなシェアを占めており、同社も順調に業績を伸ばしていました。

 ところが、日本の半導体産業の衰退にともなって検査需要も減り、同社は別の事業への転換を迫られます。伊達さんは半導体検査で培った技術を応用し、何か新しいことができないだろうかと模索していました。

 そのころ、環境への関心が高いヨーロッパを中心に普及が進んでいた太陽光発電に注目した伊達さんは、2009年の春に太陽光発電に関するセミナーに参加しました。

 セミナーでは、「太陽光パネルはメンテナンスフリー」といわれていたといいます。たしかに太陽光パネルはシステム部分に可動部分がなく、耐久性の高い半導体でできているので、それほどメンテナンスをしなくても、発電し続けることができそうです。

 しかし、長い間、半導体検査技術の開発をしていた伊達さんにとって、半導体を使っている太陽光パネルがメンテナンスフリーだということは納得できませんでした。半導体は、塵や埃を遮断したクリーンルームで精密に製造されているにもかかわらず、不良品が出ます。まして、太陽光パネルは屋外で使うもの。メンテナンスフリーで本当に大丈夫なのか、使っているうちに故障しないのだろうか? と疑問に思いました。

 セミナーの後の懇親会で、伊達さんは、太陽光パネルメーカーの技術者と情報交換をするとともに、「太陽光パネルは本当に壊れないのか?」という疑問を講師や参加者にぶつけてみました。そのとき、あるメーカーの人から「現場で太陽光パネルの不具合を見つけるのはとても難しいのです。簡単に検出できるテスターがあると助かるのですが」という話を聞きました。このとき伊達さんに、太陽光パネルを現場で簡単に検査できるシステムを開発すればよいのではないかというアイデアが浮かびました。

 このころは一般的にも、太陽光パネルは屋外に設置しても20年以上メンテナンスなしで機能し続けるといわれていました。実は、伊達さん自身も、開発を始めた当初は本当に太陽光パネルが壊れるのかどうかはわかっていなかったのです。開発は暗中模索で始まりました。

NEDO委託事業に選ばれたことが
検査装置開発の転機に

 伊達さんが参加したセミナーがきっかけとなり、産総研と共同研究ができることになりました。さらにちょうどそのころ、NEDOの「新エネルギーベンチャー技術革新事業」が公募されているということを、産総研を通じて知りました。新しい技術の開発にはやるべきことが山積みで、さらに資金も必要です。伊達さんたちは、開発を進めるための絶好の機会と考え、事業に応募し、委託事業として2009年から検査システムの開発が始まりました。

 「ちょうどよいタイミングで募集がありました。委託事業に採択されたことは、開発に向けて歩みだす転機となりました」と伊達さんは語ります。

 共同研究をしていた産総研は、多くのメーカーの太陽光パネルを佐賀県鳥栖市にある施設の屋外に設置し、使っているうちにどのように劣化していくのかを追跡調査していました。調査結果では、パネルには故障が出ることが明らかになっていたのです。伊達さんはこれを聞いて、やはりこれからは太陽光パネルを検査する装置が必要になるはずだという思いを強くしました。

図1 ほんのわずかな断線で故障した太陽光パネル

 一方、開発したところで本当に売れるのか、と疑問視する声も周囲にはありました。伊達さんにも当初、迷いがないわけではなかったようです。当時を振り返り、伊達さんはこう話しています。

 「試作機が完成した後は、それを持って太陽光発電の現場に行き、太陽光パネルの検査をしていきました。現地で検査し、実際に不良パネルが見つかったときはうれしかったですね。その結果が積み重なるにつれて、この検査装置には、製品としての意味があるのだという実感が湧いてきました」

PAGE TOP