独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構

研究開発プロジェクトのその後を追う!~NEDOプロジェクト実用化ドキュメント~ シリーズ1

NEDOプロジェクトにより開発された技術がどのように製品やサービスとなって活用されているかを、開発の現場を訪ねて紹介するシリーズ企画です。様々な分野から、その開発ストーリーを紹介していきます。

NEDOが実施する数々の研究開発プロジェクトは、エネルギー及び環境問題の解決や産業競争力の強化などを目的に行われていますが、その成果が社会に現れる「上市」までには、プロジェクトに参加した企業や機関のさらなる開発努力があります。

NEDOでは、プロジェクト終了後5年間、プロジェクトの「その後」を追い、成果の社会への広がり(新規市場形成・製品化等)を把握する 「追跡調査」を実施しています。この追跡調査によって把握された製品やサービスを中心に、実用化への研究開発ストーリーを順次紹介していきます。

※上市(じょうし)=技術開発の段階を終え、製品がカタログに掲載されるなど、市場での取引が成される段階に至ったことを指します。