本文へジャンプ

NEDOが取り組む技術開発分野

社会のさまざまな課題を解決するため、技術戦略に基づいたチャレンジングな研究開発を推進し、新たな産業システムへの変革や徹底した省エネルギー社会の実現、再生可能エネルギーの導入加速等、世界に先駆けたイノベーション実現を目指します。

エネルギーシステム分野

エネルギーシステム技術

蓄電池/水素エネルギー/スマートコミュニティ/系統制御

水素エネルギーシステム実証の概念図

全固体リチウムイオン電池・革新型蓄電池の例/
再エネを利用した水素エネルギーシステム実証の概念図

蓄電池分野では、現行のリチウムイオン電池の性能を凌駕する全固体リチウムイオン電池や新原理の革新型蓄電池の研究開発を行います。水素エネルギー分野では、燃料電池の性能向上や 水素ステーションの低コスト化、水素需要の大幅な拡大に向けた水素発電や海外からの大規模水素サプライチェーンの開発、再エネを利用したエネルギーシステムの技術開発を行います。

電気自動車の行動範囲を拡大する都市間急速充電器

電気自動車の行動範囲を拡大する都市間急速充電器
(米国カリフォルニア州)

再生可能エネルギー等の分散型エネルギー大量導入に対応し、電力供給側のみならず、家庭やオフィス等の需要側も取り込んで双方向での効率的な電力網を構築、制御することを目指していま す。NEDOではこれに伴う系統技術開発とともに、世界のさまざまなエネルギー環境下で、再生可能エネルギー大量導入を見据えた電力需給モデルを技術・ビジネス面から実証しています。

再生可能エネルギー技術

太陽光/風力/海洋エネルギー/バイオマス/地熱/再生可能エネルギー熱利用

  • 微細藻類培養設備
    ボツリオコッカス/バイオジェット燃料製造のための微細藻類培養設備
  • 太陽電池モジュール
    III-V化合物太陽電池モジュール

再生可能エネルギーの導入拡大に向け、太陽光発電、風力発電、地熱発電、バイオマスエネルギー利用等の低コスト化や、海洋エネルギー発電技術の実 用化に向けた取り組み等を実施しています。

太陽電池の変換効率向上を目指す技術開発では、2017年度にCIS系薄膜太陽電池セルで世界最高変換効率22.9%を達成。黒潮を利用した海流発電の技術開発では、実海域での世界初の100kW級の実 証試験を行いました。2018年度から新たに、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)実現に向けた太陽光発電システムの技術開発や海洋エネルギーの長期実証研究、地熱エネルギーの高度利 用に向け、さらなる技術開発等に取り組んでいます。

最終更新日:平成30年5月21日