本文へジャンプ

NEDOが取り組む技術開発分野

省エネルギー・環境分野

省エネルギー技術

革新的な省エネルギー技術/未利用熱エネルギー/高効率火力発電/二酸化炭素回収・有効利用・貯留/環境調和型製鉄プロセス

高温超電導ケーブルの実系統連系運転の写真

高温超電導ケーブルの実系統連系運転

経済産業省が策定した「長期エネルギー需給見通し」では2030年度までに最終エネルギー消費を原油換算で5030万kL程度削減する、徹底した省エネルギーが求められています。NEDOは日本の省エネルギーシステム・技術をさらに向上させるため、革新的な技術研究開発への支援をはじめ、未利用熱エネルギーや高温超電導等の技術研究開発を実施しています。

酸素吹石炭ガス化複合発電の実証設備の写真

酸素吹石炭ガス化複合発電の実証設備
(大崎クールジェンプロジェクト)

石炭は資源が世界中に分布し、経済的にも優れた燃料である一方、利用には二酸化炭素(CO2)排出量の削減が必要です。NEDOは、発電量当たりのCO2排出削減に向け化石燃料の高効率利用技術開発を軸に、CO2回収・有効利用・貯留(CCUS)技術開発、水素還元を利用する環境調和型製鉄プロセスの技術開発等のクリーン・コール・テクノロジーに取り組んでいます。

環境・省資源技術

3R/フロン対策/水循環

  • ノンフロン冷凍ショーケースの写真
    ノンフロン冷凍ショーケース
  • 廃油の環境調和型再利用システム実証プラントの写真
    廃油の環境調和型再利用システム
    実証プラント(インドネシア)

環境・省資源技術分野では、都市鉱山を活用した有用金属のリサイクルシステムを構築し、資源の循環利用を推進するとともに、リサイクル産業の海外展開促進を目指しています。

また、温室効果ガスの一種であり、今後排出量増加が見込まれている代替フロン(HFC)について、HFC冷媒を使用する冷凍空調機器に対し低温室効果冷媒への転換を促進する技術開発を行うことで、温室効果ガスの排出削減に取り組んでいます。そのほか、省エネルギー・低環境負荷の水循環システムや、海水淡水化、排水等からの有用金属回収など、日本の持つ水処理技術・システムの海外実証を行い、日本の水関連産業の国際競争力強化に取り組んでいます。

最終更新日:平成30年5月21日