本文へジャンプ

研究評価事業概要

1.研究評価の目的

NEDOでは、次の3つを目的として掲げ、研究評価を実施しています。

  1. 業務の高度化等の自己改革を促進する。
  2. 社会に対する説明責任を履行するとともに、経済・社会ニーズを取り込む。
  3. 評価結果を資源配分に反映させ、資源の重点化および業務の効率化を促進する。

2.研究評価の共通原則

研究評価の実施にあたっては、次の5つを共通原則としています。

  1. 評価の透明性を確保するため、評価結果のみならず評価方法および評価結果の反映状況を可能な限り被評価者および社会に公表する。
  2. 評価の明示性を確保するため、可能な限り被評価者と評価者の討議を奨励する。
  3. 評価の実効性を確保するため、資源配分および自己改革に反映しやすい評価方法を採用する。
  4. 評価の中立性を確保するため、可能な限り外部評価または第三者評価のいずれかによって行う。
  5. 評価の効率性に留意するため、研究開発等の必要な書類の整備および不必要な評価作業の重複の排除等に努める。

3.研究評価の実施状況

NEDOでは、事業の規模、目的、内容および性格に応じて、研究評価を行っています。次に、その種類とそれぞれの実施状況について紹介いたします。

(1)研究評価の種類

研究評価は、次の種類に大別されます。

【プロジェクト評価】
NEDOが自ら定めたプロジェクト基本計画に基づき実施する研究開発事業に係る評価。

  1. 事前評価:
    プロジェクトの立案のために実施します。
  2. 中間評価:
    プロジェクトの目標達成度を把握するとともに、社会経済情勢等を踏まえた改善・見直し(継続・拡大・縮小・中止等)の提言をするため、プロジェクトの研究開発期間が5年以上の場合は、研究開発期間の中間年(概ね3年毎を目処)に実施します。ただし、研究開発における技術動向、政策動向に応じ、必要と認める場合は、予定していた時期に拘わらず評価を実施します。
  3. 事後評価:
    プロジェクト終了時に、プロジェクトの目標達成度や成果の意義等を把握するために実施します。
  4. 追跡調査・評価:
    プロジェクトが及ぼした経済的、社会的効果等について、プロジェクト終了後、原則として、6年間の簡易追跡調査期間を設け、必要に応じて詳細追跡調査を実施します。これらの調査結果に基づき、評価を行います。

【制度評価】
研究開発内容及び実施者を公募・選定して実施する研究開発事業に係る評価。

  1. 事前評価:
    制度の立案のために実施します。
  2. 中間評価:
    制度の目標達成度を把握するとともに、今後の拡大・縮小・中止等の資源配分の判断に資するために実施します。
  3. 事後評価:
    制度の終了時に、制度の目標達成度や成果の意義等を把握するために実施します。
  4. 追跡調査・評価:
    制度が及ぼした経済的、社会的効果等について、制度終了後の適切な時期に実施します。

なお、制度下で実施される各研究テーマについても、評価を実施しています。

(2)プロジェクト評価の実施体制

プロジェクト評価は、概ね図に示す体制で実施しています。

  1. 研究評価を統括する研究評価委員会を、NEDO内に設置します。
  2. 評価対象毎に、当該技術に関する外部の専門家、有識者等を評価委員とした研究評価分科会を、研究評価委員会の下に設置します。
  3. 当該分科会において、評価を行い、評価報告書(案)を取りまとめた上、研究評価委員会に諮ります。
  4. 研究評価委員会での審議を経て評価報告書が確定され、理事長に報告されます。

研究評価実施体制図解

研究評価の実施体制

(3)評価項目・評価基準と評価軸

 プロジェクト中間・事後評価においては、4つの標準的な評価項目を軸に評価基準を定めています。表に標準的評価項目・評価基準を示します。評価に際しては、これを基に評価対象プロジェクト毎に適した評価項目・評価基準を設定します。また、制度評価においては、位置付け・必要性、マネジメント、成果の3つの評価軸に基づき、評価対象制度の特徴に適した評価項目・評価基準を設定しています。

標準的評価項目・評価基準の表

プロジェクト評価の標準的評価項目・評価基準

(4)評価実績

■研究評価の実績
事業の種類 年度 中間評価 事後評価 追跡調査
プロジェクト評価 平成13年度 30件 9件
平成14年度 13件 27件
平成15年度 29件 29件
平成16年度 29件 30件 56件
平成17年度 6件 15件 110件
平成18年度 6件 56件 168件
平成19年度 10件 37件 154件
平成20年度 22件 19件 105件
平成21年度 25件 15件 122件
平成22年度 16件 20件 82件
平成23年度 10件 30件 101件
平成24年度 10件 22件 83件
平成25年度 10件 19件 74件
平成26年度 5件 15件 67件
平成27年度 12件 13件 69件
制度評価 平成16年度 3件 1件
平成17年度 2件 1件
平成18年度 2件 1件
平成19年度 7件 1件
平成20年度 9件 2件
平成21年度 7件 1件
平成22年度 3件 1件
平成23年度 3件 3件
平成24年度 3件 1件
平成25年度 4件 4件
平成26年度 1件 6件
平成27年度 0件 1件

(5)評価結果の活用

NEDOにおいては、中間評価の結果をもとに、プロジェクトのその後の実施方針を検討し、次年度の計画に反映させることとしています。評価結果の反映については、個々の中間評価報告書に記載しております。

研究評価の詳細については、委員会情報をご覧ください。

最終更新日:平成28年6月14日