本文へジャンプ

第4期中長期計画に基づく3つの取り組み

2.研究開発型ベンチャーの育成
―イノベーションの新しい担い手を発掘し、新規産業の創出につなげる―

経済の活性化や新規産業・雇用の創出の担い手として、新規性・機動性に富んだ「研究開発型ベンチャー」等の育成が重要です。そこで、シーズ発掘から民間リスクマネーの獲得、事業化支援に至るまで、シームレスな支援を行うことで、ベンチャー・エコシステムの構築を推進。また、官民支援機関や地方との連携体制を強化し、研究開発型ベンチャーの底上げを目指します。

研究開発型ベンチャーの事業化に対して伴走型の支援を実施

  • 技術シーズや事業構想を有する起業家候補を育成
  • ベンチャーキャピタル等と連携したシード期のベンチャーを支援
  • 事業会社との連携促進として、事業会社と共同研究等を行うベンチャー支援
  • 研究開発型ベンチャーの成長を伴走支援できる専門人材を育成

研究開発型ベンチャーの育成

<< 1.技術開発マネジメントによる 成果の社会実装

>> 3.中長期技術開発の方向性提示

最終更新日:平成30年5月21日