本文へジャンプ

本公募 平成30年度「エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業」に係る公募について

平成30年8月13日

概要

技術・事業分野 国際展開支援 プロジェクトコード P93050
事業名 エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
実証事業(フィールドテスト)
調査等
対象者 企業(団体等を含む)
地方公共団体
公募期間 平成30年8月13日~平成30年9月18日
問い合わせ先 国際部 「エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業」公募事務局
TEL:044-520-5190   FAX:044-520-5193
E-MAIL:international@ml.nedo.go.jp

詳細

情報を更新しました
平成30年9月4日 「公募書類一式(実証要件適合性等調査)」の提案書(別添1-1)9ページと11ページの積算表を30年度と31年度に分けて記載するように修正しました。
平成30年8月27日 「公募書類一式(実証前調査)」の「(別添1-1)提案書(実証前調査)」、「(別添6)提出書類チェックリスト(修正版)」、「公募要領_実証前調査(修正版)」を差替えました。
平成30年8月15日 「3.問い合わせ・応募相談について」を修正しました。
平成30年8月14日 「公募書類一式(実証前調査)」の「公募要領_実証前調査」に補助対象の説明を追記し、差替えました。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)では、エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業の実施者を募集致しますので、本件について実施を希望する方は、下記に基づき御応募ください。

1.事業内容

エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業

(1)概要

3E+S(安定供給、経済性、環境適合、安全性)の実現に資する我が国の先進的技術の海外実証を通じて、実証技術の普及に結び付けます。さらに、制度的に先行している海外のエネルギー市場での実証を通じて、日本への成果の還元を目指します。これらの取組を通じて、我が国のエネルギー関連産業の海外展開・市場開拓、国内外のエネルギー転換・脱炭素化、我が国のエネルギーセキュリティに貢献します。

(2)対象フェーズ

本公募では、下図のフェーズのうち、[1]実証要件適合性等調査、及び[2]実証前調査の各フェーズについて、募集を行ないます。なお、実証研究からの公募はございません。

図 エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業
[1] 実証要件適合性等調査

調査対象とする技術のビジネス展開を狙う国・地域におけるエネルギー事情、関連政策、ビジネス環境等の情報収集を行います。また、我が国企業を中心としたコンソーシアム等によるエネルギー技術の普及を念頭に、実証研究の実現性及び普及可能性の検証も行います。さらに、相手国政府機関や関係企業等とのこれらに係る意見交換を通じて協力関係の構築を行います。このような取り組みを通じて、調査対象とする技術が、実証研究として成立するかを検討します。

【対象国・技術分野】
  • I.厳しい自然環境のため再生可能エネルギー技術の普及が遅れている地域での導入を可能とする技術
  • II.次世代の系統監視・制御技術
  • III.競争力あるエネルギー変換技術(余剰電力のガス・熱等への変換、蓄電技術等)
  • IV.エネルギー消費行動の変容を促す省エネルギーサービス技術
  • V.分散型エネルギー資源を統合して創エネ・ネガワット取引等を促進する技術
  • VI.エネルギーの地産地消モデルの競争力を高める技術
  • 対象国・地域は本邦域外におけるすべての国・地域。ただし、外務省海外安全情報において、危険情報レベル2以上に指定されている地域は除く。
[2] 実証前調査

実証研究の対象となる技術の詳細及び実証研究手法について、相手国の政府機関、サイト候補企業等との協議、条件調整を含む、実証研究実施に向けて必要な調査を実施します。具体的には、実証研究の範囲と方法の決定、実証サイト企業の候補の選定、サイト企業との業務・費用分担の確定、実証設備(機器)の仕様の確定、事業終了後の実証設備の取扱い(取得財産の処分)方針の確定、ビジネスモデル(経済性評価)の再検証等を実施し、実証研究の実施計画を策定します。調査結果については、NEDOにて事業化評価を行い、実証研究の実現可能性と技術の普及性が高く認められた場合は、実証研究に移行します。

【対象国・技術分野】

インドにおけるバイオガス発電に関する技術

2.説明会

当該公募の内容、契約/交付に係る手続き、応募書類等についての説明会を次の日程により開催いたします。

今回は、[1]実証要件適合性等調査、[2]実証前調査のそれぞれについて説明会を開催いたします。

出席希望の企業等は、(1)参加を希望する説明会([1]又は[2]、若しくは両方)、(2)社名、(3)出席者氏名、(4)出席者の連絡先(電話番号及びメールアドレス)を記載の上、「3.問い合わせ」先へメールにてご連絡ください(様式問わず)。当日は公募資料に基づき説明しますので、今後掲載予定の当該事業公募情報のホームページの資料欄から必要な書類をダウンロードしてお持ちください。

[1] 実証要件適合性等調査の公募に関する説明会

  • 日時: 平成30年8月23日(木)13時30分~14時30分(受付開始:13時00分)
  • 場所: NEDO川崎本部 21階2101会議室
  • 定員: 80名(先着順)
  • 参加申込み期限:平成30年8月22日(水)正午
  • なお、当日は直接、会場となる21階の会議室へお越しください。

[2] 実証前調査の公募に関する説明会

  • 日時: 平成30年8月23日(木)15時00分~16時00分(受付開始:14時45分)
  • 場所: NEDO川崎本部 21階2101会議室
  • 定員: 80名(先着順)
  • 参加申込み期限:平成30年8月22日(水)正午
    • なお、当日は直接、会場となる21階の会議室へお越しください。

3.問い合わせ・応募相談について

個別のお問い合わせや応募相談については、公募〆切時までの間は随時受け付けます(日本語のみ)。

下記の問い合わせ先宛てE-MAILにてご連絡下さい。また、詳細の事業概要については、以下をご参照ください。

 

(問い合わせ先)

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 国際部
  エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業 公募担当(坂、岩崎、長谷川)
E-MAIL:international@ml.nedo.go.jp

(事業概要)

4.その他

メール配信サービスにご登録いただきますと、ウェブサイトに掲載された最新の公募情報に関するお知らせを随時メールにてお送りいたします。ぜひご登録いただき、ご活用ください。

資料

Adobe Readerを入手する