本文へジャンプ

決定 「インド共和国(印国)におけるスマートグリッド分野のキャパシティ・ビルディングの有効性に関する調査」に係る実施体制の決定について

平成26年2月26日

概要

技術・事業分野 スマートコミュニティ
国際実証・連携
プロジェクトコード P93050
事業名 インド共和国(印国)におけるスマートグリッド分野のキャパシティ・ビルディングの有効性に関する調査
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
問い合わせ先 国際部 
担当者:大嶋 修、小林 正信
FAX:044-520-5193
E-MAIL:international@ml.nedo.go.jp

詳細

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)では、「インド共和国(印国)におけるスマートグリッド分野のキャパシティ・ビルディングの有効性に関する調査」に係る公募を実施し、下記の通り委託予定先を決定いたしました。

1.件名

「インド共和国(印国)におけるスマートグリッド分野のキャパシティ・ビルディングの有効性に関する調査」

2.事業概要

NEDOでは、1993年から海外各国において国際エネルギー実証事業を展開してきた。現在実施中又は今後実施予定の事業に対して、実証事業終了後の技術・システムの普及を確実に実現していくための示唆を得ることを目的に、過去の国際エネルギー実証事業の普及状況及び普及に影響をもたらした要因等を整理・分析してきた。その結果、実証事業の成果を最大限に活用し、対象国の技術水準の向上、システムの一層の定着・普及を図るために運用、保守や管理技術に係る知識・スキルを向上させるための普及推進が必要であり、また継続的に普及推進を実施していくためのスキームが、実証事業の成功要因としてあげられている。

本調査では、印国での日本のスマートグリッド関連技術を利用した配電システム・インフラの運用ノウハウ等を含むキャパシティ・ビルディングを実施することが、普及推進事業として配電システム・インフラの運用の効率や事業性に有効に寄与する可能性について調査を行うものです。

3.委託予定先

THEパワーグリッドソリューション株式会社

4.事業期間

平成25~26年度