本文へジャンプ

予告 「国内外における電力と水素エネルギーとの相互変換に関する標準化領域の検討」に係る公募について(予告)

平成29年6月16日

概要

技術・事業分野 スマートコミュニティ
国際展開支援
プロジェクトコード P93050
事業名 国内外における電力と水素エネルギーとの相互変換に関する標準化領域の検討
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
公募開始予定日 平成29年6月下旬
問い合わせ先 スマートコミュニティ部 
担当者:佐藤(謙)、小橋
E-MAIL:smartcommunity@ml.nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、標記事業の実施者を一般に広く募集いたしますので、本件について受託を希望する方は、以下に基づきご応募ください。

1.事業内容

(1)概要

国内外において「Power to Gas(P2G)」という、電力とガス(主には水素)の相互変換によるエネルギーの有効利用に向けた取り組みが多数進められています。将来的には水素グリッドと電力グリッドの相互接続も想定される中で、新たな接点、すなわち相互に融通するエネルギーの量や属性等についての情報交換が必要になるため、これに関する通信プロトコルやデータモデルについての新たな標準化領域を検討することが必要と考えられます。このため、まず、電力と水素エネルギーの相互変換に関する国内外の事例の調査を通じて、それらのビジネスモデルの把握と理解を進めます。これにより、その後の相互連携に必要な設備間の情報交換内容の把握・整理を通じたユースケースの整理、更には標準化・協調領域の特定を進められるような素地を作ることを目的とします。

(2)事業期間

平成29年度

(3)公募期間

平成29年6月下旬~平成29年7月上旬の予定です。

2.応募方法等

公募要領等の詳細は公募開始日にNEDOのホームページに掲載します。

3.その他

メール配信サービスにご登録いただきますと、ウェブサイトに掲載された最新の公募情報に関するお知らせを随時メールにてお送りいたします。ぜひご登録いただき、ご活用ください。