本文へジャンプ

決定 「次世代自動車の国際標準化に関する検討(電気自動車の電気エネルギー貯蔵としての機能等に関する検討)」に係る実施体制の決定について

平成25年8月21日

概要

技術・事業分野 スマートコミュニティ
国際実証・連携
プロジェクトコード P93050
事業名 次世代自動車の国際標準化に関する検討(電気自動車の電気エネルギー貯蔵としての機能等に関する検討)
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
問い合わせ先 スマートコミュニティ部 
担当者:澤、早野
FAX:044-520-5263

詳細

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)では、「次世代自動車の国際標準化に関する検討(電気自動車の電気エネルギー貯蔵としての機能等に関する検討) 」に係る公募を実施し、下記の通り委託予定先を決定いたしました。

1.件名

次世代自動車の国際標準化に関する検討(電気自動車の電気エネルギー貯蔵としての機能等に関する検討)

2.事業概要

地球温暖化を背景に、電気自動車については交通手段としての機能だけではなく、電力網と連系した電気エネルギー貯蔵としての機能や、自然災害などの非常時の電源としての機能など、新たなマーケットニーズへの対応が急務となっています。本事業では、電気自動車等の次世代自動車を巡る標準化動向について、欧州、米国、アジアの諸外国の動向を調査します。これにより、我が国の次世代自動車の国際標準化戦略を立案に資するための基盤情報を得ることを目的といたします。

3.委託予定先

株式会社 三菱総合研究所

4.事業期間

平成25年度