本文へジャンプ

予告 「中堅・中小企業への橋渡し研究開発促進事業」に係る公募について(予告)

平成27年3月31日

概要

技術・事業分野 分野横断的公募事業 プロジェクトコード P14033
事業名 中堅・中小企業への橋渡し研究開発促進事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
その他
公募開始予定日 平成27年5月下旬
問い合わせ先 イノベーション推進部 プラットフォームグループ
担当者:渡邊、北川、綱島
TEL:044-520-5175   FAX:044-520-5178
E-MAIL:hashiwatashi27@nedo.go.jp

詳細

情報を更新しました
平成27年5月19日 説明会情報は本公募のページに移りました。
平成27年5月13日 説明会情報を更新しました。
平成27年5月7日 説明会情報を更新しました。
平成27年4月30日 「橋渡し研究機関」の確認申請の受付を開始しました。
説明会の項目を追記しました。
公募開始時期を変更しました。

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)は、「中堅・中小企業への橋渡し研究開発促進事業」に係る実用化開発テーマを下記のとおり広く公募する予定です。

1.事業内容

1.事業の名称等

事業の名称等:中堅・中小企業への橋渡し研究開発促進事業

本事業では、中堅・中小・ベンチャー企業(以下、「中小企業等」という。)が、橋渡し研究機関から技術シーズの移転を受けてビジネスにつなげることや、中小企業等が保有する技術を橋渡し研究機関の能力を活用して迅速かつ着実に実用化することを通じて、自社の技術力向上や生産方法等の革新等を実現することを支援する。

2.公募事業概要

対象:以下のいずれかに該当する中小企業等が実施する新規性・革新性の高い実用化開発

  • (1)中小企業基本法で定める中小企業者であって、みなし大企業に該当しない者
  • (2)売上高1,000億円未満、若しくは、従業員が1,000人未満の企業であって、みなし大企業に該当しない者
  • (3)上記(2)の売上高基準、従業員基準を満たす組合等

橋渡し研究機関(予定):国及び地方公共団体の研究機関、独立行政法人、地方独立行政法人、第三セクター、大学に該当する研究機関であって、以下の5つの仕組みを有する又は構築を計画中の機関

  • (1)先進的・革新的技術シーズを事業化につなぐ橋渡し機能の仕組み
  • (2)民間企業からの資金受入の仕組み
  • (3)産業界のニーズ把握とその組織内活動への反映の仕組み
  • (4)技術シーズやノウハウを取り入れるための仕組み
  • (5)知的財産権の活用促進の仕組み

助成額:  1億円以内(下限は1,500万円)

助成期間: 交付決定日から平成28年度まで(予定)

開発体制: 革新的な技術シーズを事業化へとつなぐ機能を有する橋渡し研究機関との共同研究により事業を実施する民間企業・技術研究組合等からの申請

3.申請・公募期間

(1)橋渡し研究機関の申請受付

平成27年4月下旬から3ヶ月程度を予定
 ※平成27年4月27日から、申請受付を開始しています。
  詳細はこちらをご覧ください。

(2)事業を実施する中小企業等の募集

平成27年5月下旬から2ヶ月程度を予定

4.公募要領

公募要領等の詳細は公募開始日にNEDOのホームページに掲載します。

2.説明会

平成27年5月19日に本公募のページを公開しました。説明会の最新情報はこちらをご覧ください。

e-Rad

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)に提案内容等をご登録いただく必要がございます。提案内容のご登録方法等、詳細は公募要領等をご覧ください。e-Radをご利用になるためには、御所属の研究機関(企業、国立研究開発法人、大学等の法人)又は研究者本人がe-Radに登録され、ログインID、パスワードを取得しておく必要がございます。登録方法については以下のページをご覧ください。

なお、e-Radへの登録に日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。

e-Radへの登録に関するヘルプデスク
電話番号: 0570-066-877(ナビダイヤル)、03-5625-3961(直通)
受付時間: 午前9時00分~午後6時00分(平日)
(土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

3.その他

メール配信サービスにご登録いただきますと、ウェブサイトに掲載された最新の公募情報に関するお知らせを随時メールにてお送りいたします。ぜひご登録いただき、ご活用ください。