本文へジャンプ

決定 「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」に係る助成先の追加採択の決定について

平成25年5月24日

概要

技術・事業分野 分野横断的公募事業 プロジェクトコード P12012
事業名 イノベーション実用化ベンチャー支援事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
問い合わせ先 技術開発推進部 技術革新・実用化推進グループ ベンチャー支援事業担当
TEL:044-520-5175
E-MAIL:innovation24@nedo.go.jp

詳細

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」について、4月30日に応募591件中125件の助成事業の採択及び18件の助成事業を補欠とすることを公表しました。このたび、補欠とした18件の助成事業の追加採択を決定しました。
 審査にあたっては、まず、外部の事前書面審査委員による書面審査を行い、さらに、NEDO内部に設置した外部有識者による審査委員会の厳正な評価及び審査を経て助成事業の採択を決定しました。審査委員会委員は別添1、4月30日公表の採択事業の一覧は別添2、追加採択する助成事業の一覧は別添3のとおりです。
 なお、本事業の説明は以下のとおりです。

1.件名

「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」

2.事業の概要

「日本経済再生に向けた緊急経済対策」(平成25年1月11日閣議決定)において、我が国には、多様な人材、優れた技術力等があり、これらの潜在力を引き出し、「成長による富の創出」を実現することが必要である旨謳われています。
 その一環として、イノベーション創出のための基盤強化の観点から、ベンチャー企業への実用化助成事業を実施することとされています。
 このため、本事業においては、研究開発型ベンチャー企業等の有する優れた先端技術シーズや有望な未利用技術を活用した実用化開発を支援することにより、リスクを低減させ、研究開発成果を迅速に実用化・事業化に結びつけ、新規事業・雇用の創出等を促進することを目的とします。

3.問い合わせ先

〒212-8554
神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー20階
独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 技術開発推進部
技術革新・実用化推進グループ 真鍋、関
TEL:044-520-5175  メールアドレス:innovation24@nedo.go.jp

資料

Adobe Readerを入手する