本文へジャンプ

決定 「NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開/産業技術の普及と社会制度」に係る実施体制の決定について

平成25年4月17日

概要

技術・事業分野 産学連携・人材育成 プロジェクトコード P06046
事業名 NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開
事業分類 調査等
対象者 大学等
問い合わせ先 技術開発推進部 機械システムグループ
担当者:真野、高津佐
TEL:044-520-5241   FAX:044-520-5243

詳細

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)では、「NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開/産業技術の普及と社会制度」に係る公募を実施し、下記のとおり委託予定先を決定いたしました。

1.件名

「NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開/産業技術の普及と社会制度」

2.事業概要

本特別講座では、単に要素的な個別の産業技術と対応する法規制との関係のバリエーションを列記するに留まらず、それらの関係の上位に存在する社会的価値や影響、課題等に着目し、産業技術が円滑に社会に普及するための法制度の在り方や社会・倫理等の役割、今後の課題や将来への提言等について、国際的な動向も踏まえた調査、分析、考察、研究等を行います。さらに、それらによって得られた知見は、体系的・専門的な知的集約物として教科書的に整理します。その際は、産業技術のベースとなっている機械システム技術に対する知見、専門家、研究拠点等を幅広く活用し、NEDO(NEDO事業)、外部有識者、関連機関等とも密接な連携を図ります。

ⅰ) 人材育成の講座の実施
機械技術者、法律家、その他の専門家サイドの視点から現行の法制度等の社会的制度のそもそもの趣旨や課題を明確化しつつ、産業技術、特に機械システム技術が普及するに際して、社会的受容性を確保するためにはどの様な社会的制度が望ましいかを考察すべく、これまでに形成されてきた社会的制度の経緯、効果、影響や課題、将来の目指すべき方向等についての人材育成の講座を実施します。

ⅱ) 人的交流の展開
医療ロボットその他の近未来の産業技術の普及を念頭に、リスクコミュニケーションを専門とする社会心理学者、ヒューマンエラーを専門とする産業心理学者等の協力も得つつ、先進技術と倫理や法規制、専門的技能・資格制度(医師免許、運転免許等)等の社会的制度の在り方や将来像等に関して、機械技術者、法律家、心理学者、その他の専門家とともに議論を深め、考察を行うための人的交流を展開します。

ⅲ) 周辺研究の実施
医療ロボットその他の近未来の産業技術の普及を念頭に、心理学的、倫理学的な実証や実験、調査等も取り入れた幅広い専門家の知見を活かし、どのような条件があれば近未来の産業技術が社会に受け入れられるのか、将来の産業技術の円滑な普及を目指して、我が国の社会的制度はどの様にあるべきなのか、わが国の文化に適した社会的制度の枠組みはどの様に設計されるべきか等について、適宜海外の検討例やプロジェクト等の国際比較も実施しつつ、調査、研究を実施します。

3.委託予定先

一般社団法人日本機械学会

4.事業期間

平成25年度~平成26年度