本文へジャンプ

本公募 「次世代人工知能・ロボット中核技術開発/次世代人工知能技術分野」(調査研究)に係る公募について

平成30年5月1日

概要

技術・事業分野 ロボット・AI プロジェクトコード P15009
事業名 次世代人工知能・ロボット中核技術開発
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
公募期間 平成30年5月1日~平成30年5月31日
問い合わせ先 ロボット・AI部 下記の「問い合わせ先」より、お問い合わせください

詳細

情報を更新しました
平成30年5月14日 公募要領の誤記訂正をしました(3.応募要件)。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、以下の事業に参加する企業等を広く公募いたします。

1.事業内容

(1)概要

「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」基本計画に示されている、平成30年度研究開発項目のうち、下記の3項目を本委託事業の対象とします。

  • 研究開発項目〔1〕「大規模目的基礎研究・先端技術研究開発」
  • 研究開発項目〔2〕「次世代人工知能フレームワーク研究・先進中核モジュール研究開発」
  • 研究開発項目〔3〕「次世代人工知能共通基盤技術研究開発」

実施者の選定にあたっては、人工知能の社会実装の実力を評価するため、書面による1次審査並びに、プレゼンテーション及び実技による2次審査を実施します。

最優秀賞を人工知能技術戦略の重点3分野(〔1〕生産性、〔2〕健康、医療・介護、〔3〕空間の移動)ごとに1件ずつ選定し、さらに審査員特別賞を1件又は複数件選定します。提案内容に応じて委託費上限額の配分を行い、調査研究として採択します。

本事業では、中小企業者等による活発な研究開発を促進するために、人工知能の新たな利活用分野や新たな利活用方法を開拓する調査研究を行う中小企業者等を対象とします。

また本事業では、他の企業等との協業を推奨します。以下に、協業の想定ケースを例示しますが、これに限定するものではありません。

  • a. 人工知能の新たな利活用分野を開拓するため、人工知能技術の利活用方法に知見のあるベンチャー企業が、現場の業務課題を持つ事業者と協業し、課題解決サービスのプロトタイプを開発する。
  • b. 人工知能の新たな利活用方法を開拓するため、現場の業務課題に知見のあるベンチャー企業が、人工知能APIを提供するクラウド事業者と協業し、課題解決サービスのプロトタイプを開発する。

(2)委託期間

本業務の委託期間は、NEDOが指定する日から平成32年3月19日までとします。

(3)事業規模

事業予算:平成30-31年度の総額 180百万円以内

2.説明会

説明会をオンラインで開催します。

応募を予定される方は可能な限りご参加ください。なお、説明は日本語で行います。

日程を下記「申し込みはこちらから」でご確認いただき、登録してください。

空席状況はこちら

3.応募方法等

Web入力フォームから、必要情報の入力と提案書類及び関連資料のアップロードを行ってください。

持参・郵送・メール等、他の方法による応募は受け付けません。

問い合わせはこちら

公募説明会とは別に、「AI事業・ベンチャー支援オリエンテーション」で、応募支援を行っています。是非ご参加ください。

問い合わせはこちら

e-Rad

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)に提案内容等をご登録いただく必要がございます。提案内容のご登録方法等、詳細は公募要領等をご覧ください。e-Radをご利用になるためには、御所属の研究機関(企業、国立研究開発法人、大学等の法人)又は研究者本人がe-Radに登録され、ログインID、パスワードを取得しておく必要がございます。登録方法については以下のページをご覧ください。

なお、e-Radへの登録に日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。

e-Radへの登録に関するヘルプデスク
電話番号: 0570-066-877(ナビダイヤル)、03-6631-0622(直通)
受付時間: 午前9時00分~午後6時00分(平日)
(土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

4.問い合わせ先

下記、お問い合わせフォームにて質問等をご登録ください。

問い合わせはこちら

5.その他

メール配信サービスにご登録いただきますと、ウェブサイトに掲載された最新の公募情報に関するお知らせを随時メールにてお送りいたします。ぜひご登録いただき、ご活用ください。

メール配信サービス

資料

Adobe Readerを入手する
Word Viewerを入手する