本文へジャンプ

本公募 「インフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト/センシング技術・イメージング技術・非破壊検査装置開発の実証実験による実用性能等の検討」に係る公募について

平成30年6月8日

概要

技術・事業分野 ロボット・AI プロジェクトコード P14011
事業名 インフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト/センシング技術・イメージング技術・非破壊検査装置開発の実証実験による実用性能等の検討
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
公募期間 平成30年6月8日~平成30年7月9日
問い合わせ先 ロボット・AI部 
担当者:川上、森口、竹内、安川
TEL:044-520-5241­   FAX:044-520-5243­

詳細

情報を更新しました
平成30年6月19日 【情報更新/期間延長】
平成30年6月18日に予定していた公募説明会(大阪会場)は、中止とさせていただいておりましたが6月25日に開催します。
これにより、公募期間を平成30年6月8日~平成30年7月9日に延長します。
平成30年6月18日 【情報更新】
平成30年6月18日に開催を予定していた公募説明会(大阪会場)は、事情により中止とさせていただきます。
今後の予定については未定です。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、以下の事業に参加する実施者を広く公募します。

1.事業内容

(1)概要

NEDOでは、平成26年度から「インフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト」において、的確かつ迅速にインフラの状態を把握できるモニタリング技術(センサ開発、イメージング技術、高度計測評価技術)、及び非破壊検査技術等の開発を行ってきた。

本調査事業では、実証実験を通じて評価員から指摘をいただき、インフラ維持管理点検現場での実用性能、バックヤードでの維持管理点検データ管理及び維持管理計画への適応性等を調査し、調査結果を実証実験結果報告書として纏めることで、関係各省庁と技術の有用性に対するビジョンを共有する。

さらに技術シンポジウムの開催、技術解説資料(小冊子)の作成などを通して、調査結果を広く公表し、インフラ点検業者などの最終ユーザーへこれらの技術の有用性を浸透させるとともに、事業者の企業化に向けた支援に繋げることを目的とする。

(2)事業期間

平成30年度

詳細については、仕様書及び公募要領をご確認ください。

2.説明会

当該委託事業の内容、応募に係る具体的な手続き、提出書類の記載方法等の説明会を次のとおり実施しますので、応募を予定される方は可能な限り出席してください。席に限りがありますので、各機関2名までの参加でお願いいたします。

なお、説明会は日本語で行います。出席希望の企業等は、NEDOホームページ(本公募の案内ページ)から事前登録を平成30年6月22日(金)17時までにお願いします。

<日時・会場>

【川崎会場】
日時:
平成30年6月15日(金)13時30分~15時00分
会場:
〒212-8554 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 2101会議室
神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー 21階
  • 本公募要領、仕様書、提案書類を印刷してご持参下さい。
【大阪会場】
日時:
平成30年6月25日(月)13時30分~15時00分
会場:
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 関西支部 会議室
大阪府大阪市北区梅田3丁目3番10号 梅田ダイビル6階
  • 本公募要領、仕様書、提案書類を印刷してご持参下さい。

空席状況はこちら

3.応募方法等

本ページ最下の資料欄から必要な書類をダウンロードして下さい。

契約約款はこちらをご参照ください。

4.その他

メール配信サービスにご登録いただきますと、ウェブサイトに掲載された最新の公募情報に関するお知らせを随時メールにてお送りいたします。ぜひご登録いただき、ご活用ください。

資料

Adobe Readerを入手する
Word Viewerを入手する