本文へジャンプ

決定 「次世代人工知能・ロボット中核技術開発/次世代人工知能技術分野」(先導研究)に係る実施体制の決定について

平成29年8月9日

概要

技術・事業分野 ロボット・AI プロジェクトコード P15009
事業名 次世代人工知能・ロボット中核技術開発
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 ロボット・AI部 
担当者:「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」(先導研究)担当 堀川、藤田(裕)、金山
TEL:044-520-5241   FAX:044-520-5243
E-MAIL:ai_jissou@ml.nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という)は、「次世代人工知能・ロボット中核技術開発/次世代人工知能技術分野」(先導研究)に係る公募を実施し、ご提案いただいた19件の提案について外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査を経て、別紙1のとおり委託予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員一覧は、別紙2のとおりです。

1.件名

「次世代人工知能・ロボット中核技術開発/次世代人工知能技術分野」(先導研究)

2.事業概要

本事業は、現在の人工知能・ロボット関連技術の延長線上に留まらない革新的な要素技術の研究開発を狙いとして、人間を超越する又は人間に匹敵する人工知能、センサ、アクチュエータ等を新たな技術シーズとして研究開発し、これまで人工知能・ロボットの導入について考えもつかなかった分野での新たな需要の創出や我が国が強みを有する分野との融合による産業競争力の強化につなげていくことを目指しています。

平成29年度は、本事業の「次世代人工知能技術分野」(研究開発項目〔7〕)において、次世代人工知能技術の社会実装が求められる領域に関する課題の解決に資する先導研究をグローバルに実施します。

具体的には、良質な現場データを活用し、「人工知能に関するグローバル研究拠点整備事業」で東京都臨海副都心地区及び千葉県柏地区に整備される国立研究開発法人産業技術総合研究所の産学官連携の施設において、平成30年度以降に実施される社会実装に向けた本格的な研究開発に繋げることを想定して、先導研究をグローバルに実施します。

3.委託予定先

別紙1の通り

4.事業期間

平成29年度~平成30年度(2年間)

資料

Adobe Readerを入手する