本文へジャンプ

決定 「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト/(1)性能評価基準等の研究開発/6)目視外及び第三者上空での飛行に向けた無人航空機の性能評価基準」に係る実施体制の決定について

平成30年5月30日

概要

技術・事業分野 ロボット・AI プロジェクトコード P17004
事業名 ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 ロボット・AI部 
担当者:宮本、山中、永松
TEL:044-520-5241   FAX:044-520-5243

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、平成30年3月13日~4月11日の間にかけて「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト/(1)性能評価基準等の研究開発/6)目視外及び第三者上空での飛行に向けた無人航空機の性能評価基準」に係る公募を実施し、ご提案いただいた3件の提案について外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査を経て、以下のとおり採択予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員会委員一覧は別添のとおりです。

1.件名

ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト/(1)性能評価基準等の研究開発/6)目視外及び第三者上空での飛行に向けた無人航空機の性能評価基準

2.事業内容

小口輸送の増加や積載率の低下などエネルギー使用の効率化が求められる物流分野や、効果的かつ効率的な点検を通じた長寿命化による資源のリデュースが喫緊の課題となるインフラ点検分野において、無人航空機やロボットの活用による省エネルギー化の実現が期待されている。

しかしながら、無人航空機の目視外及び第三者上空等での飛行については、高い信頼性を確保し、人や物件への危害を抑制する他、騒音等の環境への配慮も必要となる。

そのため、目視外及び第三者上空等での飛行に向けた無人航空機の安全性及び信頼性等の評価手法及び評価基準を開発する。

3.採択予定先

(共同提案)
国立研究開発法人産業技術総合研究所、国立大学法人東京大学、独立行政法人労働者健康安全機構
株式会社自律制御システム研究所、イームズロボティクス株式会社、株式会社プロドローン

4.事業期間

平成30年度~平成31年度(2年間)(予定)

資料

Adobe Readerを入手する