本文へジャンプ

決定 「太陽熱エネルギー活用型住宅の技術開発に係る太陽熱活用システムの評価方法の検討」に係る実施体制の決定について

平成28年2月12日

概要

技術・事業分野 省エネルギー
熱利用
プロジェクトコード P11005
事業名 太陽熱エネルギー活用型住宅の技術開発に係る太陽熱活用システムの評価方法の検討
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 省エネルギー部 「太陽熱エネルギー活用型住宅の技術開発」
担当者:田村、松浦
E-MAIL:s-house@ml.nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構は、「太陽熱エネルギー活用型住宅の技術開発に係る太陽熱活用システムの評価方法の検討」に係る公募を実施し、下記の通り委託予定先を決定致しました。

1.件名

太陽熱エネルギー活用型住宅の技術開発に係る太陽熱活用システムの評価方法の検討

2.事業概要

「太陽熱エネルギー活用型住宅の技術開発」では、我が国における住宅の省エネルギーを推進するため、そのエネルギー消費の約1/2を占める空調・給湯に着目し、そのエネルギー消費の削減を目指し、以下のa~eの5つの研究開発項目を掲げており、平成26年度から平成27年度は、d.を実施中である。また、平成27年度からは実住宅の省エネルギー性能を統一的に評価する方法を構築するため、研究開発項目eとして「太陽熱活用システムの評価法の構築」を掲げている。

  • a.高性能断熱材の開発
  • b.高機能パッシブ蓄熱建材の開発
  • c.戸建住宅用太陽熱活用システムの開発
  • d.太陽熱活用システムの実住宅での評価
  • e.太陽熱活用システムの評価法の構築

本調査は、上記の太陽熱活用システムの実住宅での評価により得られる実証データが2つのグループに分かれて実施しているため、この実住宅の省エネルギー性能を同一の評価方法で統一的に評価することにより、本事業における省エネルギー性能の評価の信頼性を高めることを目的とする。

3.委託予定先

佐藤エネルギーリサーチ株式会社

4.事業期間

平成27年度~平成28年度